03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

私たち結婚式しました♥

2010.03.28 (Sun)

2007年に入籍を済ませてから約3年、
オーストラリアで結婚式を挙げました

IMG_3854.jpg IMG_4923s.jpg
06.03.2010 @ North Stradbroke Island

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
日本で移住準備を始めて以来、
「全てはオーストラリアに来てから」をモットーに、
オーストラリアに移住してからも、
「仕事が決まってから」の大イベント?として君臨していた結婚式、
それは小さくシンプルかつカジュアルなものでしたが、
これまでの経過を考えると、喜びはひとしおです。


ノースストラドブローク島は、
クリーブランドから20分くらいフェリーに乗って行ける
世界で2番目に大きな砂の島で
友達に連れて行ってもらって以来愛してやまない(笑)、
とってもローカルでとっても静かな小さなリゾート地です。

IMG_4184.jpg


そんなお気に入りの場所で、
大切な家族や移住以来お世話になっているお友達に囲まれながら、
残念ながら来れなかったけれど、式をサポートしてくれたお友達の優しさを感じながら、
心に残る式を挙げることができ本当に幸せです。



あいにくこの頃は雨降りが続いていた時期で、
島に行ってからもどよ~んとした空模様。
チリの大地震の影響で海の波も高く、
海水浴も禁止されていたくらいでした。


青くピッカーンと晴れた
サンシャインステートの空を楽しみにしていた私たちとしては、
正直残念な気持ちもありましたが、
一方で、写真的には曇りくらいが色が綺麗だと聞いたり、
海水浴禁止のおかげで、海はプライベートビーチ状態だったり
(周囲の人を気にせず写真撮り放題)、
人一倍汗かきの私も、汗をかかずに式や写真撮影ができたりと、
結果的にはこの天気に助けられることになったので、
やっぱりなるようになっていたのだろう、と感じています。

IMG_4425.jpg IMG_4419.jpg


そして結婚式はおろか、人を撮ることに慣れてないカメラマンも、
事前にいろいろと勉強をしてきてくれたようで、
素敵な写真を撮ってくれました。


いかにも海外の結婚式写真!みたいな、
一瞬キャッと恥ずかしくなってしまうような、
カメラマンに沢山注文をつけられた写真もありつつ・・。笑


IMG_4831.jpg IMG_4742.jpg


お気に入りの写真は、
自分たちで考えた構図だったりもするのですけどね。


カット数とはうらはらに、
連写で撮影されたものも多くあったので、
1日が終わってみたら1,300枚もの写真データがありました。驚


枚数があっても、集合写真は全員がレンズを見ているものが少なかったり、
ものによっては、全部みんなの表情が同じだったりと、
これ!という1枚を選ぶのも時間のかかる作業で、
本来なら早く親や親戚などに送るべき写真も、
前後のゴタゴタや疲労により、
思うように選ぶ時間が取れなかったのが実情です。。


そんなわけで、ついこの間した結婚式も、
今では随分と昔のように感じていますが、
ようやくゆっくりとした時間がとれるようにり、
改めて写真を見返してみると、
全ての瞬間に幸せや楽しい時間が詰まっていて、
それが色あせることはないのだと思います。


cleveland-cap IMG_4343.jpg



オーストラリアに移住してから、本当にいろいろなことがありましたが、
自分たちが決めたことを少しずつクリアし、前進しながら、
ようやくここで私たちらしい式ができたことは、
私たち夫婦にとってとても大きな意味をもつことで、
2人でここまで来れたことを誇りに思うと同時に、
温かく見守ってくれている家族や友達にも感謝です。


ダーリンのお勤めが始まって感じ始めた
「オーストラリアに根を下ろす」感覚を
改めて感じる瞬間でもありました。


IMG_4295.jpg


家族、友達はもちろん、ブログを通して私たち夫婦をご存知の皆様、
こんな私たち夫婦を今後とも温かく見守っていただければ嬉しいです。

ALWAYS SMILE AND BE HAPPY



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

おめでとうございます!

本当に素敵なお二人でしたよ!お仕着せでなく、自分たちで選んだ場所で、心のこもった手作りの式。今まで出席したどんな式よりも印象に残りました。写真もドラマチックですてきだわ~。これから大変なことがあっても、この時のことを思い出してくださいね。v-344
divayoshikoさん

おめでとうございます!

素敵なお式だったようですね。
写真のお二人を拝見するとそれがひしひしと伝わってきて、こちらも何だか幸せな気分になりましたv-398
これで一区切り。
これからますますオーストラリアに根をおろしていかれることでしょう。
月並みではありますが、この感動をいつまでも忘れずに、どうぞ末永くお幸せにv-344




くろ♪♪さん

はじめまして。

ブログにコメント頂きまして、ありがとうございました。

そしてご結婚おめでとうございます!とても素敵な写真で、一生の思い出に残ることでしょうね。

この日の気持ちを大切に、末永くお幸せに・・・。

すてふさん

おめでとうございます。

ご結婚(式?)おめでとうございます。お二人らしい素敵な結婚式ですね。これを区切りにオーストラリア生活の第2ステージをまた新しく創っていって下さい。私ももうすぐブリスベンに戻ります。また写真を見せていただけたらうれしいなと思います。
nさん

おめでとうございます。
お二人らしい、自然な写真にみえました。(ポーズをつけられていたとしても 笑)
オーストラリアでの式は、たんに結婚式というだけじゃなく、これからこの国で暮らしていくんだという本格的な区切りと言うか、第二ステージ開始!というかんじもしますね。
末永くお幸せに:-)
emiさん

divayoshikoさん

ありがとうございます♥ほんとにこぢんまりとした式だったので、dvayoshikoさんの印象に残る式になれたのはとっても嬉しです。両親もお世話になりました。。この日はあいにくのお天気でしたが、晴れると本当に美しいのです!またお天気の良い日にぜひ上陸しましょう♪それから、ブリスベン移住仲間として、今後ともよろしくお願いします。
ハズ&ワイフさん

くろ♪♪さん

ありがとうござます♥普段はあまり記念日とか気にしないタイプなのですが、この日はやっぱりどこか特別だった気がして、何年経ってからでも式をして良かったな~と感じました。そして、一区切り。まだまだいろんなことが起こると思いますが、これからもオーストラリアで楽しく仲良く暮らしていきたいと思います。ちょっと離れた地ではありますが、これからもよろしくお願いします☆
ハズ&ワイフさん

すてふさん

早速ブログに来ていただき、ありがとうございました!嬉しいコメントもありがとうございます♥意外にメモリアルな写真が少ないので、今回思い出に残る写真が撮れたのは良かったです。

同じブリスベン在住者として、これからもよろしくお願いします☆
ハズ&ワイフさん

nさん

ありがとうございます♥どうにか式ができるところまで来て、第2ステージにさしかかりました(笑)。写真もそれなりにまとまってきたので、ブリスベンに戻られたらぜひ遊びにいらしてください☆これからもハズ&ワイフをよろしくお願いします。
ハズ&ワイフさん

emiさん

ありがとうございます♥ポーズをつけた写真なんて、こっぱずかしい~(恥)と思ってましたが(今でも思ってますが・・)、旅ではないけれど恥はかき捨てました(笑)。結婚式は、気持ちの上でもやっぱり大きな区切りになった気がします。ここで暮らしていくんだ~、みたいな勢いのある気持ちと同時に静かな気持ちも。暮らす場所は違いますが、これからもハズ&ワイフをよろしくお願いします☆
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

11:31  |  結婚式準備  |  Trackback(0)  |  Comment(24)

ブリスベン探検隊☆ノースストラドブルーク島

2009.12.10 (Thu)

お友達カップルにくっついて、
ノースストラドブルーク島(North StradBroke Island)に行ってきました。

CIMG6539.jpg

オーストラリア来て以来、初の離島です


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
この島は、地図でみても比較的大きな島なのですが、
どうやら南北38Kmにも渡る世界で2番目に大きな砂の島だそうです
(ちなみに、世界一大きな砂の島は、全長120kmのフレーザー島です)


シティからClevelandまで1時間くらい電車に乗り、
フェリー専用バスで駅からフェリー乗り場に向かい、
そこからフェリーに乗って20~30分くらい。

CIMG6547.jpg


私たちが乗ったフェリーは3階立てだったので、
一番上のデッキ席を陣取り、
美しい景色と気持ちいい海の風を楽しみました


CIMG6541.jpg


島に到着する前から、それは美しい海が広がっていて、
何年か前にダーリンと行ったニュージーランドの離島を思い出しました。
ダーリンは、タイで行った離島を思い出したようです。
共通点は、フェリーで20~30分の離島、エメラルド色の透き通った海に白い砂浜。
要はどちらも、美しい島ということです。笑


今回は探索が目的だったので、
バスで行けるポイントルックアウト方面に行ってみました。


スクールホリデーなだけあって、
サーフボードやボディーボードをもった学生グループを沢山見かけました

CIMG6577.jpg


その先には、きれいに整備されたデッキが続いていて、
岩場のほうにも歩いて行けます。

CIMG6561.jpg

どこまで行っても景色が綺麗で、どんどん先へと歩いて行ってしまいました。


CIMG6551.jpg



ポイントルックアウトには、サービスアパートメントが何軒もあるものの、
レストラン的な場所は数えるくらい・・。

CIMG6576.jpg


そのあとバスでちょっと移動し、浜辺をず~と歩いてみたり、

CIMG6595.jpg


探索がてらバスで来た道を歩いてみたり、
(ここにもこんな標識が!)
CIMG6597.jpg


気がつけば随分と歩き続けていて、
ようやく辿り着いたカフェで頼んだ
良~く冷えたチャイミルクシェークは最高でした
CIMG6599.jpg


ここでちょっと休憩したあとは、
とても楽しく美しい時間ともお別れ


早い終電ならぬ終船?に乗り遅れないよう1時間に1本の貴重なバスに乗り込み
フェリー乗り場へ向かいました


この島は、4WDでないと入れない場所も多くあるみたいなので、
次回は4WDでさらなる自然探検をしてみたいな~と思います


そして・・、
Clevelandのフェリー乗り場に戻ってみると、
朝は陸地に生えていた木が、こんなことになっていました。
CIMG6605.jpg

満潮によるマングローブ


地球って謎がいっぱいですね~。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

こんにちは

絵葉書のような景色ですね。
それにこれはカンガルーがぴょーーーんって飛び出すから危ないよ標識??でしょうか。
さっすがですね。

おいしそうなチャイもいいですね・・・。
私は日本ではイマイチ香りの少ないチャイに出くわしてしまい、いまだにおいしいチャイにめぐり合っていません。
安いお店ばかりに行っているからだと思われますが・・・。

adelaidelifeさん

adelaidelifeさん

お返事遅くなってしまって申し訳ありません。。

どこを見ても本当に美しくて、滞在中はもちろん、帰ってからもしばらく感動に浸っていました(笑)そして早速お気に入りの島になってしまいました。もしクイーンズランドにいらっしゃることがあれば、お勧めの観光スポットです♪

> それにこれはカンガルーがぴょーーーんって飛び出すから危ないよ標識??でしょうか。

その通りです!ここでは見かけませんでしたが、コアラの標識なんかもあるのですよ!オーストラリアは、日々発見がいっぱいです。

私も日本ではあまり美味しいチャイに出会ったことがないかもしれません。。スタバなどでオーダーするときは、いつもエクストラシロップ(ダブルシロップ?)にしてもらっています。ちなみに、オーストラリアではカフェが充実している気がするので(特にメルボルンはレベルが高いです☆)こちらにいらしたら、ぜひその辺もご堪能ください♪
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:16  |  結婚式準備  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

結婚式の準備、始めました☆

2009.08.13 (Thu)

私たちのスローガンのようになっていた「全てはオーストラリアに移住してから
その対象となっていたことの1つに、結婚式があります。


CIMG2434.jpg
写真:大親友の結婚式より


もう入籍して3年経つので、周囲からしてみれば「今更?」かもしれませんが、
私たちにとっては「今だから」です。


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
入籍当初は、結婚式はしないのか、とか
日本ではお披露目をしないのか、とか
日本で一度やっておけばいいのに、とか、
あちらこちらでそんな会話が繰り広げられ、
両家の母親がその苦情処理をする・・という時期があったようです。


2人には申し訳ないと思いながらも、
結婚式はオーストラリアですることに決めていたので、
「みんな入籍のときに結婚式してるのに」という理由もあまりしっくり来なくて、
かたくなに「オーストラリア行ってからね」を貫いてきました。


この「みんながやるからやる」という思想、

私の実家では、これが何かをするときの理由としては
絶対的に受け入れられていませんでした(どこのお家もそうなのかな)。


みんなが塾に行くから行く、
みんながファミコン(懐かしい~)持ってるから私も欲しい、
みんなの門限が遅いからそれに合わせる、
みんなが○○だから私も・・


答えはいつの時も「No」です。
そして、きっとそれが骨の髄まで行き渡ったのでしょうね。
今では、好きではない言葉になっているようです


なので、どんなことに対してでもそうですが、
「普通みんなやってるよ?」というの意見は、
私にしてみれば「So what?」でしかありません。
大切なのは、自分の意思がどこにあるのかだと思っています。


それが理由に?小学生の頃は、女子はみんな赤い絵の具ケースだったところを、
私は青が好きだったので、一人青を注文したり
(だって、学校から配られた申込書には、ケースの色の欄に男女関係なく、
○がつけられるようになっていたんですもん・・
当時の担任の先生には、本当に良いのかと何度も確認されましたが)、
高校受験の時も、同じ中学の友達が通っていないそれなりの塾を探し出し、
親を説得して夏期講習だけ通ってみたり、
東京で働いていた会社では、
結婚しても社内では旧姓のまま、という暗黙のルールを破ってみたり。


もちろん決められたことには「No」とは言いませんが、
選択肢があるのであれば、
それが周囲とは違う価値観だったとしても、
自分の信念に従って良いと思っています。


よく言えば、「自分をもっている、流されない」
悪く言えば、「単なるアウトロー」ですね。。。


ダーリンも「みんながやるからやる」というタイプではないので、
そういう点でもどうやら気があっているようです。笑


なので、私たちにとっては、
オーストラリアに来るまでは結婚式をしないのは、
とても自然な流れだと思っています。


では、オーストラリアに来た今、いつ結婚式をするのか
具体的な日取りはまだ決めていませんが、
漠然と3月くらいに出来たら良いな~と考えています。


そして、知識ゼロからのオージーウェディング情報収集・・
こっちでの結婚式は出席したことがないし、
何から何まで自分たちで、という話を耳にするくらいで、
一応オージー挙式先輩にお話を聞いてみたりもしつつも、
未だピンと来ません・・
(それはきっと、まだアクションを起こしていないからかもしれないですね)


日本だと、ウェディングプランナーさんがいたり、
挙式会場のコーディネーターさんがいたりと、
「結婚式」を取り仕切ってくれる人がいて、
分からないことや不安を解消してくれるようですが、
オーストラリアの結婚式では、
2人を仲介してくれるセレブラントさんを探し、
カメラマン、ヘアメイク、フローリスト、ケーキ、
全て自分たちで手配するようです


今現在、頭にはしかありません・・。


というわけで、これからいろんなサイトや花嫁さんの体験談など、
お役立ち情報の収集を始めていきたいと思っています


予算はー、オージー挙式がどのくらいかかるのかも不明なので、検討つかず。
カメラマンとヘアメイクは、気分的には手配済み


ひとまず結婚式のぼや~~んとしたイメージは、
ゴージャスな雰囲気ではなくて、
出作り感のある、とってもシンプルな雰囲気でいいかな・・と
人生に一度だし、あれもこれもしたいという気持ちになりやすいのでしょうけれど、
なんていうか、可愛らしさのあるしっぽりとした感じにしたい気がしています。


親としては、いかにも結婚式という方が嬉しいのかもしれませんが、
(特に私は一人っ子なので・・母は一度しか経験できないですし・・)
当日私たちが作った式に参加して「あなたたちらしいね」と微笑んでもらえるような、
そんな結婚式がいいな~と思っています


具体的に動き出すのは、
これまたダーリンのお仕事が決まってからの予定ですが、
これまで「移住してから」と後回しにして来たことが、
こうやって少しずつ実現していく時が来ました。


本来ならとっくにやっていることが今の今までかかっているだけなのに、
やっとこの時が来たぞ~というよりも、
本当にいいのかな?アリガタヤアリガタヤ
という、なんだかくすぐったい感じです。


あぁ、なんて貧乏性な私(笑)。


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

ウエディング

オーストラリアのウエディングは本当に「その人らしい」のがいいですよね。
私の友達はボートを借りて、川の上で式(といってもサインだけなのであっさり)をして、写真はお気に入りの公園で撮っていました。
決まりが何もない分、考えることも準備も大変かもしれないけれど、素敵な結婚式になるといいですね。
それをブログで見れる日を楽しみにしてます(^-^)
emiさん

密かに

いつやるんだろ・・・と思っていたのよね。
私の冬休みに合わせてくださいましー。
pekoriさん

管理人のみ閲覧できます

-さん

emiさん

嬉しいコメントありがとうございます♪「その人らしい」かぁ・・。それだけでも、オーストラリアまで式を延ばした甲斐がある気がします♡こっちではいろいろな場所で写真が撮れるのも面白いですよね。
まだ、計画のけの字にもなっていませんが、楽しみながらやって行けたらいいな~と思っています(笑)。
ハズ&ワイフさん

pekoriさん

pekoriさんって、もしかしてMKのpekoriさんですかっ??!!
コメントありがとうございます♪
冬休みは、いつ頃わかるのでしょうか~~??
ぜひブライドメイトをお願いしたい限りです。笑
ハズ&ワイフさん

楽しみ♪

ブログで結婚式の写真を見るのを楽しみにしてます。
☆もっちさん

ウフフ、みんながやるから、普通は○○だからという発想がないのは、私の育った環境と全く一緒です。日本は判断基準が他人にある人が多いから、なんでみんなやってるのにやらないの?と聞かれることが多いんだけど、じゃああなたはどうしてやっているの?と訊くと黙ってしまう人が多いです。あくまでも自分で行動基準を決めたい人はオーストラリアのほうが住みやすいかも。そんなオーストラリアでのお二人の結婚式はどんなものになるんでしょう?きっとオリジナリティあふれた楽しいものになるに違いありません。とっても楽しみですね!
Yoshikoさん

管理人のみ閲覧できます

-さん

☆もっちさん

ありがとうございます☆どうなるのかはまったく未定ですが、それまでの(きっとバタバタとした)様子も綴っていくので、また覗きにきてください♪笑
ハズ&ワイフさん

Yoshikoさん

Yoshikoさんも同じ考え方をお持ちなのですね!!共感していただけてとても嬉しいです。仰る通り、みんながやっていることでも、自分がやりたいと思う理由がなければやらなくていいと思うし、逆に、自分でやりたいと思う理由があれば、やったらしいいと思っているので、これは多分私たちの日々の生活のいろんなところに反映されているような気がします(笑)。準備はホントこれからで、今日もボーダーズでWedding雑誌を片っ端から読みあさってみましたが、まだぼや~んです(苦笑)。準備の様子もアップしていくので、何かあれば、またぜひコメントください☆

ちなみに、私たちが結婚式をする頃には、Yoshikoさんもブリスベンですね?!
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:54  |  結婚式準備  |  Trackback(0)  |  Comment(13)
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。