03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:--  |  スポンサー広告

ハズのお仕事探し中、ファイナル

2010.01.10 (Sun)

7ヶ月かかった就職活動を振り返って、良かった事、悪かった事を書きます。
これからオーストラリアに移住して就職活動される方の参考になれば嬉しいです。


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
①就職活動のタイミング

就職活動は早い方が良い。日本に居るうちに出来るだけやる。
日本に居る間にできることはいっぱいあると思います。
私の場合は、こっちに来てちょっと休んでから始めようと思っていたので、
日本に居る間は気になる会社を調べた位で応募までは至っていなかったです。

ですが、これが大失敗だったと思います。
特にIT系はブランクを気にします。次の仕事まで期間が開いてしまうと
履歴書の内容がどうであれ相手もしてくれません。
なので、出来れば現役のうちに、辞めてからでも早ければ早い方が有利だと思います。

日本に居ても企業研究したり実際に応募して電話面接することが可能です。
現地の企業でも積極的に外国人を採用している会社はやはり大手企業で、
そういった会社では海外からの採用に慣れているため電話面接だけで
採用プロセスが済んでしまうこともあるようです。


②履歴書の書き方

履歴書はキースキルのサマリーをトップにスキルマトリックスを続けて書くと良い。
基本的にビックピクチャーから下に読み進めるに従って詳細になって行くように書く。
なので、トップには自分の能力をアピールするキースキルのサマリーをワンパラグラフ、
続いて、スキルの全体像が分かるようなスキルマトリックスを見やすい体裁で書く。
スキルサマリーにはこれまでの経験に加えて、将来の理想のキャリアパスも書いておく。
続く職歴、学歴で、スキルサマリーとマトリックスで触れているスキルについて、
自分のレスポンシビリティに対してどういったコントリビューションを行ったか
プロジェクトなどで実際に担当した業務をさらに詳細に書いて行く。
どのパラグラフでもキーワードが一番トップに来て、
読み進めると詳細に踏み込むように書く。
最後に、リフェレンスは最低一社につき一人は用意しておき、
直属の上司である事が望ましい。


③会社の探し方

会社探しはインターネットの就職活動支援サイトを利用すると効率が良い。
就活サイトには企業が直接掲載している求人とエージェントが掲載している求人がある。
企業直接の求人の方がプロセスが早く望ましいが、
エージェントを通してしか応募できない所も存在するため企業に応じて使い分ける。
エージェントの中には特定の企業、ガバメントに特化しているところもある
採用プロセスにおいて企業とエージェントの関係も重要なファクターなので注意したい。
通常、クライアントからのレスポンスが早いエージェントは関係が良いと判断できる。

以下は就職活動支援サイト
■ガバメント
https://smartjobs.qld.gov.au/

■プライベート企業
http://www.seek.com.au/
http://mycareer.com.au/
http://www.careerone.com.au/

以下は就職エージェント※複数回利用したエージェントのみ
■対応がとても良く、レスポンスも早い
http://www.tlcits.com.au/
http://www.kingsresources.com.au/Jobs/
http://www.exclaim-it.com.au/

■対応、レスポンスとも普通
http://www.candlerecruit.com/

■平均的だが、担当によっては外国人への偏見あり
http://www.robertwalters.com/en-aus/default.do
http://www.michaelpage.com.au/
http://www.roberthalf.com.au/portal/site/rh-au
http://au.hudson.com/
http://www.hays.com.au/main/default.aspx
http://www.kornferry.com/

■外国人に対してかなり差別的
http://www.bsipeople.com/


④面接の注意点

●面接で学んだ5つのルール
・スキル自慢はやめたほうが良い
・ハードスキルよりソフトスキルのアピールが大切
・他愛もない雑談から、苦労話まで、とにかく自分の色んな面を話そう
・面接官に「あなたの場合はどうでした?」みたいに話しかけても良い
・次のトピックに移ると言われるまで持ち時間だと思った方が良い

面接ではアピールしないといけないが、スキルをアピールしすぎてはいけない。
面接では自分が仕事が出来る人間だとアピールしたいところだけれど、
技術スキルだけをアピールすると裏目に出る事がある。

技術スキルは面接の前後で行われるテストで証明すれば良いわけで、
対人面接でアピールすべきは対人折衝能力等のソフトスキルです。
面接をしている相手は将来の上司な訳ですから、実際の仕事と同じように、
限られた時間の中でどのように伝えることが出来るかが重要だと思います。
過去のプロジェクトで苦労した話や、人間関係のトラブルにどう対処したか、
そういった技術以外の部分での問題解決能力をアピールしたほうが良いです。

一般的な質問については以下が大変参考になると思います。
私の場合は仕事が決まってから知ったので活用出来ませんでしたが、
後から読んでも大変参考になる内容だと思います。
http://bhuvans.wordpress.com/2006/08/19/50-common-interview-qa/



最後に、これはハズがこの7ヶ月間の活動で気付いたこと感じたことですので、
ベストの方法ではないですし、違った方法でもっと早く決まった人も居ると思います。
最終的に着きたい仕事に着ければ良いのですから色々自分で考えてやってみて
時間の許す限りもがいてみるのが一番だと思います。

ハズ的には人生をかけて就職活動するなんてことはなかなかないだろうから
本当に良い経験が出来ました。

明日からいよいよ新しい職場での仕事が始まります。
で、早速、上司から明日休むとの連絡がありました。。。さすが、オージー。

また、ガバメントで面白い出来事があったら書きます。
という訳で、就職活動カテゴリはこれにて終了。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

お久しぶりでした

さっすが、7ヶ月の就職活動がよくまとめられてますね!!
あ~、話したいことがいろいろです!!
kaorinさん

お疲れ様でした~。ここにはハズさんが苦労して得たことがいっぱい詰まっていますね。私はもう必要ないですが、就職活動を始める前にこれがあったらとても助かったと思います。
divayoshikoさん

kaorinさん

他にも色々書こうと思ってたことがあったはずなんだけど、日本に帰っている間に時間が空いてしまって思い出せない。やっぱり轍は熱いうちに打たないとダメだね。

kaorinさんのブログもちょくちょく拝見してますよ。メルボルン生活楽しんでるみたいですね。うちらも久しぶりに話したいことがいっぱいなので、ぜひぜひスカイプトークしましょう。
ハズ&ワイフさん

divayoshikoさん

最初は何をしてよいか分からないだろうから、これから移住される方が就職活動を始める際に私の体験が叩き台になればと思います。思い起こせば私が活動始めた時も何かとっかかりがないかと先人のブログを読み漁っていたので、同じようにナレッジが引き継がれていけば嬉しいですね。
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:27  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ハズのお仕事探し中、アップデート

2009.12.14 (Mon)

12月1日にクイーンズランド政府から無事に仕事のオファーを頂き、
翌日にはワイフとオージーの友達とボディーボードに行ってきました。
(※海に行った様子は、ヤタラに楽しいマーメードビーチ☆

海で楽しんでいると、そこへHRから一本の電話がかかってきました。

CIMG6688.jpg

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
電話の内容は、当初予定していた仕事開始日を前倒して働いて欲しいとのこと、

ハズ:「で、いつからですか?」

HR:「来週月曜から。」

ハズ:「...う~ん、、、無理です。」

HR:「なんで?」

ハズ:「日本帰るから。」

HR:「じゃあ、月曜から2週間だけ働いて、その後3週間お休みすればいいわよ。」

ハズ:「その休みは年休ですか?」

HR:「もちろんよ。」

ハズ:「嫌です。」

こんなやり取りをしたあと、HRがマネージャと相談するといって一旦電話を切りました。
オファー時には仕事開始日は1月中旬からとなっていたので
前日に家族、親戚、元同僚、お友達にさっそく報告し、
年末はバケーションで日本に帰ろうとワイフと話をしていました。

HRにも以前から決まったら日本に帰ると話をしていたし、
もしそんなにすぐに働いて欲しいのなら正直1ヶ月前に言って欲しかったです。

それから3時間ほどして再び電話がかかって来て、
今度は、年明け直ぐから働けないかと言ってきました。

答えはもちろん「NO」です。

年明け直ぐなんてお正月を家族と過ごせなくて帰る意味がないし、
チケットの値段が桁違いに高いはずです。

一緒にいたオージーの友達も、

「ここで折れちゃダメだ。これはネゴシエーションだ!」

と応援してくれて、

「次かかって来ても電話とるなよ。」

とか言っていましたが、そんな訳にも行かないので、

最後に電話がかかって来た時は、

「どんな条件でも当初の仕事開始日を変えるつもりはない。」と伝えました。

その日はそれから連絡がなく週末を迎えました。
週末はとうぜんお休みでHRとは連絡取れないし、
仕事決まったのにいつ始まるのか確定していなくてなんだか不安でした。

そして月曜日の昼過ぎにようやく電話がありました。

HR:「グッドニュースよ。いくつかデベロップメントがあったわ。」

ハズ:「おお、それは是非聞きたいねぇ。」

HR:「あなたが応募していたポジションでの採用はなかった事にするわ。」

ハズ:「えっと、それどういう意味?」
前回、開始日の事でタンカ切っていたので若干不安になりながら、
でもグッドニュースって言ったしなぁと思って続ける


HR:「あなたのより上のポジションが空いたので、
    そっちのポジションでのオファーにするわ。」

ハズ:「まじすか?それってフルタイム、パーマネント?」

HR:「もちろん、今度は2年のイバリュエーションもなくって、
    あなたが居たいだけいていいわよ。」
実は前回のオファーはパーマネントだけど、2年後にイバリュエーションをして、
パフォーマンスが悪ければ別のところに跳ばされる可能性もあったのです。


HR:「このオファーアクセプトする?」

ハズ:「はい、よろこんで~。」

仕事を始める日程は今まで通り、1月にバケーションから帰ってから、
その他、全ての条件が少しずつ良くなっていました。

そして微妙に嬉しいのがジョブタイトル、

テクノロジーオフィサーから
プリンシパル・テクノロジーオフィサーになりました。

仕事開始日の前倒しは、
恐らく人が抜けるから月曜日から取りあえず働いて欲しかったのだと思いますが、
今思えば、もしも月曜日から働き始めていたらこのオファーはなかったものと思います。

そんなわけで、まだ働き始めてもいないのにプロモーションしました。

ガバメントからの思いがけないクリスマスプレゼントに、ワイフも家族も大喜び。

電話を切る際に彼女が言った言葉、

「You can stay as long as you want.」

この言葉を聞いたとき、この仕事にというよりも

「オーストラリアにずっと居ていいんだ~っっ」

て何とも言えない歓喜が走り抜けました。

3年前に夫婦で掲げた目標をひとつ達成し、また1つのフェーズが終わったんだなと、
改めて嬉しくなって、声を裏返りながらHRに感謝を伝え、
ありがたくオファーをアクセプトしました。

振り返れば、2009年は移住に捧げた年だったと思います。
去年の年末に急遽、異動予定だったメルボルンオフィスの話がなくなり、
それでも、移住したいという思いから夫婦で安定した仕事を辞めて移住したのが4月。

底辺の生活ながらも7ヶ月かけてやっとここまで来れたのは、
ワイフ・家族のサポートとここで知り合ったたくさんのお友達のおかげだと思います。

2009年が移住の年なら、2010年はそこから飛躍する年になるでしょう。
生活基盤を安定させて、永住者として長期的なプランをまた2人で達成したいです。

というわけで、年明けにスタートダッシュがきれるように、
年末は実家でゴロゴロしてきま~す。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

おめでとうございます!

よかったですね~。上のポジションを募集するのでなく、ハズさんを昇格させたのは、仕事開始日の交渉過程でタフガイだと思われたせいでしょうか!?いずれにせよ、今回のことにしろ、7か月間ねばったことにしろ、自分の信念は曲げないハズさんはすごいです。
divayoshikoさん

divayoshikoさん

ありがとうございます。長く粘った甲斐があり、最後にちょっとだけご褒美をいただけた感じです。せっかく評価して頂いたので期待を超えられるように1月から楽しんで働きたいと思います。
ハズ&ワイフさん

ハズ&ワイフさん、はじめまして。先日は私のブログThis is my lifeにコメントいただきありがとうございました。

お仕事、電撃的なストーリーがあったんですね!良かったですね!おめでとうございます!

私の方は、移住手続き中に子供ができ、マンションを購入して、実際に移住するために日本を出ることができない状態になっていますので、ハズ&ワイフさんのお話をうらやましく拝見させていただいています。

でも、今の日本の生活にも幸せを感じていますので、これをこのまま続けるのもいいよね、とは思っていますけどね。

今後もちょくちょく拝見させていただきたいと思います。よろしくお願いします。
Ryujiさん

Ryujiさん

初めまして、コメントありがとうございます。Ryujiさんのブログを読んでこれからの仕事について色々と考えさせられました。お互いエンジニアの賞味期限と戦いながら自分にあったキャリアパスが見つかると良いですね。

私たちは移住は1にも2にもパッションだと思っているので、勢いでここまで来てしまいましたが、やはりこれから長くここで生活することを考えるとできるだけ早くバランスの取れた生活が送れるようになりたいです。Ryujiさんは日本で安定した生活を送られているようですので、なかなかそこから変化することは難しいかと思いますが、チャンスがあれば是非、移住に再チャレンジして欲しいです。

こちらこそ、またちょくちょくブログ拝見させて頂きます。
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:25  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ハズのお仕事探し中、その後

2009.12.01 (Tue)

みなさん、お久しぶりです。ハズです。

今年の4月に移住して、5月から本格的に就職活動を始めました。
かれこれ200社ぐらいアプライしたでしょうか。

不毛の大地です。

移住資金も半分を割り、そろそろ今後の身の振り方を真剣に考えようかと思います。
レストランで働くか、自分で事業を興すか、はたまた、日本に帰るか。。。

さんざん、悩んだあげく、決めました。
やっぱり自分がやりたい事をしようと。

queensland.png

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
で、決まりました。

・クイーンズランド政府機関
・フルタイム
・パーマネント
・テクノロジーオフィサー



ていうか、

決まった~!



マジで決まった~!!!


今朝、電話連絡が入ってオファー頂きました。

しかも、オファー時にベース給料5%アップのアナザーオファーも頂きました。

メールを読み返してみると、5月20日に応募して、

面接すること3回、

テスト受ける事2回、

途中で、別の部署のポジションを紹介され、追加面接1回、

アメリカ、日本、オーストラリアの無犯罪証明に、

過去に在籍した2社、3名のリフェレンスレターの提出、

今日まで7ヶ月間、お役所のゆったりとした時間の流れに悩まされ、

眠れない夜を幾夜も過ごし、

それでも、耐え忍び、

結局、一番最初に応募していた部署のポジションに決まりました。


このポジションは移住前から目を付けていたところで、
事業内容も、自分の担当する仕事の内容も申し分ありません。

今までやって来た事の延長線上にある仕事で、
始まる前からわくわくが止まりません。

給料は日本に居た時より下がってしまいますが、

それで良いんです。


無収入で半年間過ごして、お金がなくても豊かに暮らせる術を身につけました。
そして、これからは自分たちが幸せになるためにこのエクストラを使っていこうと思います。


これで、スピード違反の罰金が快く払えるよぅ。

やっとテレビが買えるよぅ。

旅行にいけるよぅ!!



さっそく今日はワイフと祝杯をあげ、

これから、サルサで弾けて来ようと思います。


これまでご心配をおかけしていた親戚ならびにご友人の方々、

オーストラリアでハズは公務員になります。





人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

決まったんですね!!!!
おめでとうございます!
本当よかったですね!

仕事が決まったらすぐにでもっておっしゃってたから次は赤ちゃん待ちですね♪
Kayokoさん

こんぐらちゅえ~しょん

おめでとうございますv-353v-353v-353
政府系のお仕事、絶対に決まりますよ~!的なコメントを残したような記憶?がちらりとあるので、何はともあれ良かったですねv-291
素敵なハズ&ワイフご夫婦に幸多かれ♪♪♪
ぴぎーさん

おめでとうございます!!

今頃サルサで弾けまくっている頃でしょうか?
やぁ、弾けまくっちゃってください!!
本当におめでとうございます。
しかも政府のお仕事だなんてステキっ。
ご健闘お祈りしています♪
Meggiさん

やったあ、おめでとうございます!ついにやりましたね。しかし5月からおなじ案件がずっと続いているとは、政府機関ののんびり度はすごいものですね。だいたい無犯罪証明なんて永住権取るときに済ませているじゃありませんか。よく耐え忍びました。乾杯!v-315
divayoshikoさん

おめでとうございまーす!!!

やりましたね~おめでとうございます。
もしかして日本に帰国できなかったのは、このためだったのでしょうか。しばらく飽きるまで毎日祝杯あげてください!!長い間就職活動お疲れさまでした。
EveJohnnyママさん

おめでとうございます!

おめでとうございまーす。
メールもらってから、ずっと覗いてました。笑
強い意志があると、願いはかなうんですね。
かっこいいっす。
torattiさん

おめでとうございますーーーー!!

ホリデー前に決まって、ほんとよかったですね!!!
これで、クリスマス&年越しがより楽しいものとなるはず♪

朝からまーちゃんと自分のことのように喜んでました☆★☆
近々お祝いパーティしましょう!!

mameryocoさん

おめでとう!!

政府系の仕事って待遇が良いんですよね!(^^)!
時間がかかりすぎるし、なかなかゲット出来ないって聞きました。
☆ほんとにおめでとう☆
強い意志とお二人のがんばりの成果ですね。

☆もっちさん

Sorry!!!!!

あああ、ごめんなさい!
昨夜のコメントの中で、ハズさんとワイフさんを呼び捨てにしちゃってました!!
なんて失礼な奴なのかしら…v-12
ぴぎーさん

祝・祝・祝!!

とうとう、決まりましたかー☆
おめでとうございます!!
本当に長かったですねぇ、でもここまで根気強く待った界があったと言うことですね。
就活お疲れさまでした~♪祝宴はいつかなぁ??
これで お二人は 当分ブリスベン・クィーンズランドを離れることないのですよね。
それから、結婚式の準備も本格始動でしょうか・・・

初出勤の日 楽しみですね。頑張ってください☆
SatomiTigerさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

19:35  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(34)

ハズのお仕事探し中、その6

2009.08.29 (Sat)

こんばんは、最近ニート生活が板について来たハズです。
と、さらっと言ってみたものの顔で笑って心で泣いています。


前回のお仕事記事から1ヶ月が立ちましたので、
近況を報告したいと思います。

Resume-2.jpg
(この話題にあった適当な写真がなかったのでハズのレジメ)


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
前回あれだけみなさんに念じて頂いたクイーンズランド州政府のお仕事は
先週結果が届いて、また別の仕事を探すチャンスを頂けることになりました。


現在のプロセスパイプラインには政府の仕事が2本と
プライベート企業の仕事が大きく増えて4本入っています。


政府の仕事は1本がパネルメンバーとの面接まで終わっていて、
早ければ来週末にも結果を頂けることになっています。
面接を受けた感じではこれまでの仕事を高く評価して頂いたのですが、
前回の事もあってか、オファーレターを見るまではぬか喜びは厳禁です。


でも、帰り際のエレベータの中でパネルメンバーのひとりのマネージャから
永住ビザの有無について


「永住ビザもってて、問題なく働けるんだよね?」


との密室での確認に少しだけ期待しています。


政府の仕事2本目はワイフも書いてましたがスキルチェックのテストまで終わっていて、
受験者の中では最高点でリクアイアメントカバー率も98%と連絡があったので、
スキル的にはまず問題ないレベルにあることが分かりました。
一応永住ビザも持っているので資格的にも問題はないと思うのですが、
何ぶんコネと身内贔屓のお国柄なので、
この後あるパネルメンバーとの面接でしっかりアピール出来るように頑張りたいです。


プライベート企業に関しては、実は大きな決断をしました。


オージーにはパフォーマンスで絶対に負けないと思っているので、
はっきり言って自分の安売りは絶対にしたくないと思っていたし、
過去の自分を否定するようで頑になっていたのですが、
既にこっちに来て4ヶ月がすぎ、就職活動を始めて2ヶ月、
自分で最初に設定していたタイムリミットをオーバーしてしまいました。
オーバーしたからにはプライドとか拘りはいったん忘れて
仕事をゲットすることを最優先に考え、活動しようと思います。


希望給与額の見直しがそのひとつです。
これまで日本の給料をベースに新天地で外国人というハンデを考えて、
これぐらい下げておけば良いかなという額を設定し、
面接時にはその額で話をして、エージェント等にも登録していたのですが、
思い切って大幅に年棒価格を下げて応募するようにしました。
また、ロール自体のレベルも一段下げて探すようにしています。


今週の月曜日からこの設定で仕事探しを始めたところ、
エージェントと会社直接を合わせて8社から連絡がありました。
これまで週に1回の面接がやっとだったので、劇的な変化です。


その内の1社で仕事内容の面で条件にマッチする会社があり、
エージェントを通して話を進め今週2度の面接を行いました。
最初連絡があった時は、なぜこれまでより下げたロールで応募したのか
彼らの頭の中でハテナがいっぱいだったようで、
正直に移民して来てから就職活動の経緯まで順を追ってお話ししました。
2度目のマネージャとの面接ではさらに踏み来んで、
なぜ日本で生まれアメリカで学んだのに日本に再び戻り、
そして今回オーストラリアに来て今この面接を受けているのか、
誰もが疑問に思う事を聞いて来たので、これまた正直に答えました。


やはり、どうしてもこのレジメの限られたスペースの中では、
点と点を結ぶ線の部分を理解してもらうのが難しいので、
こうして興味をもって聞いてもらえた事で、
過去のそれぞれの選択の理由や、今ここに居る理由を直接伝えられ、
その上でこれから出来る事を話す事が出来ました。


その後1時間強アピールポイントを一通り語り尽くして、
マネージャからは一応のOKを頂き、
採用が決まればアサインされる予定のプロジェクトで
リーダをされている方と来週早々最後の面接をして
そこでOKが出ればオファーを出すと言って頂きました。


その後、来客用の会議室からオフィス内に案内され、
同じグループになるかもしれないメンバーに紹介してもらいました。
これって期待して良いのだろうか???


この企業はニュージー資本で従業員3000人程度と
これまで勤めて来た会社と比べると小さな会社ですが、
ハズがやりたい分野の仕事に力を入れていたり、
この不況下で10%の利益アップをしていたり、
言いたい事が言えるフラットな組織作りを目指していたり、
社員のキャリアビルディングに力を入れていたりと、
ハズのオーストラリアでの今後のキャリアを考えても、
素晴らしい会社だと思うので、決まると嬉しいなぁ。


こんな感じで今週はほとんどこの会社の対応に使ってしまって、
その他のプライベート企業からのスキルテスト依頼や面接はいったん停めています。


来週末には今日話した2つの仕事の結果が分かります。
今回はちょっと期待しているのですが、
オファーレターをもらうまでは何も決まっていないので、
これまで通り淡々と応募出来る求人に応募して行こうと思います。
Seek.comも先週あたりから急に求人数が倍増していて、
クイーンズランドの景気はかなり上向いて来ているようです。
これが追い風になってくれれば良いのですが。。。


ハズがニートから脱出するその日まで、
暖かい声援を宜しくお願いします。(なんか選挙の文句みたいだな)



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

はじめまして。初の書き込みをさせて頂きます。
就職活動、大変ですよね。特に去年暮れ以降からとても厳しい状況のようで、私の知る人もハズさんとは全く分野が違いますが、就職で苦しい思いをしているのを傍で見てきたので良く分かります。
ハズさんのおっしゃるように少しづつですが景気も上向きのようなので、きっと近い将来ニーと脱出の時が来ると思います。それまで頑張ってくださいね。応援してます!(
Ayaさん

2ヶ月だなんて

まだまだですよ。。私なんかその数倍かかってましたから。あまり自分でプレッシャーかけずに気長にやってくださいね。
あとニートってのは、自分で仕事探しもしない奴のことを指します。うちのダンナのように(笑)
いい結果が届くのを祈っています。
EveJohnnyママさん

Ayaさん

応援ありがとうございます。

お知り合いも苦労されているのですね。やっぱり、新しい土地で認めてもらうというのはなかなか難しいですね。最初の一歩が一番大変で、後はスムーズに行く気がしているのでここが頑張りどころかな。景気もそうですけど、自分自身の就職活動スキルも上向いて来ているので、このまま華麗にゴールを決めたいと思います。
ハズ&ワイフさん

EveJohnnyママさん

正確に言うともうすぐ3ヶ月にさしかかるんですけどね。プレッシャーかけずに気長にとは思っているのですが、預金残高を見るとどうしても不安になりますね。決まっちゃえばきっともっとゆっくり活動しておけば良かったとか思うのかもしれませんね。

旦那さんもニート生活長いですよね。EveJohnnyママさんが頑張っている姿は子供たちがちゃんと見ていると思うので、味方に付けて旦那さんが働きに出たくなるような環境作っちゃいましょう!
ハズ&ワイフさん

☆念じています☆

ガバメント 決まる!
ガバメント 決まる!
ガバメント 決まるぅーーー!!
SatomiTigerさん

お久しぶりです

触発されて、私もSeek、覗いちゃいました!
確かに、焦る気持ちはわかります!
決まってから、あぁ、もっとゆっくり探してもよかったなって、
本当思うんですよね~~!!
がんばってください!
kaorinさん

SatomiTigerさん

ありがとぅ~!!!

応援確かに受け取りました。

今朝は4時に起きて朝からワイフと散歩してリラックスした状態で面接出来たよ。やる事やったので後はまな板の上のコイ。結果はやっぱり早くて今週中みたいだ。今週のおたのしみ会で良い報告が出来るといいんだけどね~。
ハズ&ワイフさん

kaorinさん

ありがとうございます。

kaorinさん仕事決まってるのに何に触発されたんですか???
次転職するときはブリスベンで自宅サロンを開いてくれると大喜びです。
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:58  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

エリア探索☆Sinnamon Park

2009.07.31 (Fri)

金曜日は、どこのHRもウィークエンドモードなのでしょうか、
午後にはダーリンの就職活動もできることがなくなるので、
私も早々と今日のお仕事を終わらせ、
いつかお家を買う日のためのリサーチ半分、
夕方からちょっとドライブに行って来ました

(ちなみに、昨日の木曜日はやはり何かがあったようです!
早速次のステップに向けて何やら準備を始めたようです)


CIMG3693.jpg

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
行き先は、
ダーリンがよく情報収集するイギリス系移民ポムのサイトで
比較的評判の良かったSinnamon Park(シナモンパーク)。
ブリスベンの西、リバーの南側のエリアです。


しかも偶然?!最近親子留学にいらした方からも、
Sinnamon Parkは子育てにとっても良い地域だと伺ったので、
善は急げと早速見に行って来ちゃいました


これはその途中の道。
CIMG3698.jpg

うちは川のすぐ北にあるので、南側に行くときはよくこの道を通るのですが、
この時間帯は初めてでついパチパチ
ドライブ中なので、うまく撮れていませんが・・。


CIMG3701.jpg


これも車の中からなので、ぼけぼけなうえに、
思いっきり電線で・・すみません。


それでも懲りずにもう一枚。苦笑

CIMG3705.jpg


Sinnamon Parkはちょっと小高い丘の上に位置しているので、
というか山の手前ともいうのかな?
随所でお隣の町が眼下に見渡せます


こういうところに行くといつも感じるのは、
空って広いな~~~、ということ。
心が洗われますね


Sinnamon Parkらしきエリアに到着して、
適当に小道に入り徐行でウロウロと住宅街を徘徊


想像していたよりも住宅が密集していて、
日本で言うところの新興住宅地のようなイメージでした。
ダーリンは早速「椿ヶ丘」と命名していました。
(っていうか、シナモンなんですけど・・)


この辺りは大きなお家が多かった気がします。
そしてこれが、勝手に撮らせていただいてしまった豪邸。

CIMG3711.jpg


さすがにこんなに大きなお家ではなくていいですが、
(というか、その前にそんなにお金がありませんが・・・
街じたいは、住みやすそうな雰囲気だった気がします
今度はもっと明るい時間に行ってみようかな。


そして、何も知らずに曲がった道路沿いに
ショッピングセンターMount Ommaney Centreを発見

CIMG3712.jpg

ここは、ブリスベンで行った事のあるショッピングセンターの中では
比較的ローカルな印象でした。
でも、必要なものは揃う感じなので十分ですかね


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

Mount Ommaney Centreを出るころはもう腹ぺこ。
そこにこんな標識が!!

CIMG3727.jpg


さ~て、どっちに入ろうかな?笑
前回のマクドナルド以来のジャンクフード


今日はKFCにしましたー
初めてDinner for twoというセットをオーダー。

CIMG3721.jpg


チキン × 5ピース
ポテト(大)×1
コールスロー × 2
ポテト&グレービー × 2
ドリンク × 2

これで、$16.25だったかな。

CIMG3724.jpg

CIMG3723.jpg

CIMG3725.jpg

ぱくぱく完食お腹いっぱいです・・


これだけ食べたら、またしばらくジャンクはお預けかな~~。


ところで、ドライブスルーに10台以上の長蛇の列ができていてびっくりしました
「お父さん帰りにKFC買って来て~」てな感じかな?笑
幸せな金曜日ですね~。


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

早くもスイートホームの実現に向けて動き出しているんですね!いろんなことを夢見て楽しい時間だろうなあ。
ところでイギリス系移民ポムのサイトっておもしろそうですね。URL教えていただけますか。
Yoshikoさん

Yoshikoさん

いや、ただただ妄想しているだけです。でも、色んなエリアを見て回るのが結構楽しくて、
realestateやdomainとにらめっこしながら、次はここ行ってみようか~とか言ってます。

ポムのサイトは結構あると思うのですが、アクティブなのはここぐらいですかね。
Britishexpatsは永住権申請の時からお世話になってます。
http://britishexpats.com/forum/forumdisplay.php?f=54
http://www.pomsinoz.com/

ところで、渡航予定とか固まってきました?
ハズ&ワイフさん

ありがとうございます。移民手続きに関してだけでなく、移住後の生活などもディスカッションされてるんですね。参考にします。今のところ来月イニシャルエントリー、年始に移住の予定です。
Yoshikoさん

Yoshikoさん

おお、イニシャルエントリーは来月ですか!!!
ついについに移住へのカウントダウンが始まりましたね。
これから移住に向けて準備に大忙しでしょうが、頑張ってください。
ブリスベンにお寄りになるのであれば、是非是非、お会いしたいです。
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:43  |  住居探し  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ハズのお仕事探し中、その5

2009.07.24 (Fri)

最近めっきりブログを書かなくなったハズです。
ここ数週間、明けない夜はないと信じて就職活動を続けています。
今日は応募出来るポジションがないので久しぶりに近況を報告しようと思います。

といっても就職活動しかしていませんが。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
大体、1週間の中に波があって、まず、月曜日は求人が全くありません。
仮にあっても応募しても反応が全くありませんので、
履歴書に加筆修正を加えたり、過去のプロジェクトを纏めてみたりと
月曜は文書作成の日になってます。

火曜日~水曜日は一番求人があがってくる日です。
1週間で求人に応募するのはほぼこの2日間です。
朝からSEEK、Mycareer、CareerOne、SmartJobsとにらめっこして、
お気に入りのポジションに次々と応募して行きます。

木曜日は火曜、水曜ほど求人は上がってきませんが、何かがおこる日です。
これまでのインタビューは全て木曜日に電話がかかって来ています。
インタビューが設定されるのも木曜日が多いような気がします。

金曜日は上がって来る求人数に波があり、意外な電話がかかって来る日です。。。
木曜日に面接があることが多いせいか、
次の面接の連絡は金曜日の5時前にかかる事が多いです。
あと、良く知らない(応募した事さえ忘れていた)会社から電話がかかってきて、
ジョブオファーを頂いたにもかかわらず、応募したポジションとは別のポジションで、
今回求められているスキルセットが自分のスキルと若干違ったので丁寧にお断りしてしまい、
後から激しく後悔したのも金曜の昼下がりでした。(出来なくてもやっとけばよかった。。。)

こんな感じで週の流れはあるものの、応募して面接して、また応募しての繰り返しです。
日々やっている事は午前中にSEEK等の就職支援サイトで求人をチェックし、
自分のスキルセットとマッチした企業がないか調べます。
以前はキーワードにマッチしたところだけを見ていたのですが、
求人自体が激減してきているので、その日に追加された求人は全て目を通します。

マッチした求人が見つかれば企業のサイトをチェックして
事業内容や企業文化が合いそうかとか軽くスクリーニングを行い、
応募のための書類作成に取りかかります。

レジメは面接の度にどういうレジメが良かったか聞いていたり、
最近仲良くしてもらっているコノリンの知り合いのHRの方に見てもらったりと、
今のバージョンでは大分こなれてきていて特別な理由がなければ変更はしていません。

カバーレターの方は、以前は色々ごちゃごちゃと書いていたのですが、
今のバージョンでは簡単なご挨拶程度で纏めてしまっています。

そのかわり、レジメ、カバーレターとは別にスキルバックグラウンドの文書を追加しました。
これは、求人のスキルリクアイアメントに合わせて、過去のプロジェクトやら、トレーニングやら、
求めているスキルが出来る事を証明出来るようなエピソードをバックグラウンドとして記述したもの。
スキルマトリックスはレジメの方に書いてあるので、そのスキルを使ってどういう仕事をしてきたか
どのようにそのスキルが活かされるのかを分かってもらえるように具体的に書いています。
内容ははっきり言ってテクニカル過ぎるので、HRの人が見ても分からないかもしれませんが、
HRはレジメを見るだろうし、その先にいる人に向けてのメッセージとして書いています。

そもそも、これは政府の仕事にアプライする際に求められたものだったのですが、
この部分をレジメやカバーレターから切り離す事で、
全体のバランスやスペースの制限を気にせずに自由に表現する事が出来るので、
以後、バックグラウンドの文書は必ず付けるようにしています。

そのせいか、ただ単に慣れて来ただけなのか1週間に一回のペースで面接をゲットしています。
とはいえ、就職活動を開始した当初は2日に1社ぐらいは受けられるかなと思っていたので、
30社に1社というペースは予想以上に厳しくて、先に進めない時には激しく落ち込む事もあります。

現時点でプロセスがアクティブなポジションはクイーンズランド政府のIT職と、
暗号化やセキュリティ技術で有名な米系プライベート企業の開発職の2本です。

政府の仕事は移住前から一番就きたいと思っていた仕事なので是非決めたいのですが、
何ぶん選考過程が遅くて無職の身には経済的にも精神的にもかなりキツいです。

応募したのは5月の始めだったのですが、電話面接があったのが6月に入ってから、
それからテストと面接があったのが7月半ばですから、既に2ヶ月以上経っています。
さらに、この結果が分かるのが2、3週間後という事なのでなかなか落ち着きません。

でも、自分のやってきた事とやりたい事が本当にマッチしているポジションなので期待して待ちます。

プライベート企業の方は本当に話が速くて、応募した日の夕方に電話かかってきて、
またしても電話に気付かずに取れなかったのですが、留守電を聞いて折り返し電話、
その場で簡単なスクリーニングを受けてすぐに面接の予定が決まりました。
アメリカ企業だからでしょうか、なかなかのスピード感です。

こんな感じで毎日毎日、求人とにらめっこしては1日平均2件応募をノルマにして頑張っています。
時には求人がゼロの日もありますが、そういう日は開き直ってドライブに出かけたり、
もはや趣味のプログラミングでワイフにゲームを作ったりして気分転換しています。

政府の仕事、決まる、決まる、絶対、決まる!!!

ぜひ、一緒に念じてください。(変な団体ではありません。)




人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

応援してますv-82

ハズさんに政府の仕事が
決まった決まった決まった!!

と今夜は念じて寝ますね♪
ぴぎーさん

ぴぎーさん

ありがとうございます。凄く嬉しいです。
もう面接が終わってしまったので念じるしかないのですが、
決まっている事を信じて結果を待ちます。

ぴぎーさんはケアンズなんですね。
政府の仕事が決まった暁には、ケアンズからブリスベンまで
全てのクイーンズランド州民の為に頑張って働きたいです。
これからも応援宜しくお願いします。
ハズ&ワイフさん

QLD政府の仕事決まるーーー!!!

[/太字][太字]念[/太字][太字]決まる・決まる・決まる[/太字]
[太字]決まるよ、QLD政府の仕事!!!
決まったら、お祝いのおこぼれ 期待してまーす。
後、さとみん調子に乗って、またブラウニー焼いちゃいますよ!
SatomiTigerさん

SatomiTigerさん

ありがとうございます。ブラウニーすぐに頂きます。
決まったらどっかのクリフでバーベキューしましょう!!

今日も一件残念なお知らせが来ていてちょっと落ち込みましたが、
シチズンシップが必要との事だったので仕方ないですね。
応募時には書いてなかったんだけどな~?!

明日もシティで面接だ。気を取り直してエイエイオー!!!
ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


12:16  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

ハズのお仕事探し中、その4

2009.06.12 (Fri)

前回の記事「ハズのお仕事探し中、その3」で面接まで漕ぎ着けた訳ですが、
電話面接のあと、エージェントからいくつかのメールを頂きました。

基本的には、面接を受ける企業の詳細な情報と、雇用条件等が書かれたもの、
面接当日の行程等の情報が書かれたものなどでした。。。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
ところが、よく見ると、これらの中にちょっとしたくせ者が混じっていました。
最後に送られてきたメールの中身はスキルテストの案内だったのです。

これは募集している職種で必要になるであろうITスキルを
オンライン上でテストするためのものです。

しかも期限がその日になっている!?

メールを受け取ったのが4時なので、
今日ってことは後1時間以内ってことですか???

テストの詳細を読んでみると所要時間50分と書かれている。
出来ない事はないけど、何の準備も無くいきなりですか~。
とにかく明日は面接だし、やるしか無い。

さっそくワイフのオフィスルームに立てこもり、
ドアを閉めてカーテンを閉めていきなりテストモード突入です。

早速開始!っと思いきや、ここでいきなりトラブル。
対応していると書かれているブラウザーでテスト画面が開けない。

まぁ、最新のブラウザーでは良くある事です。
仕方ないので、デベロッパーモードでブラウザをIE6にダウングレードして
問題なく試験を開始する事が出来ました。

試験の内容は、Sun Certified Web Component Developer試験の問題に
JMSの内容をふんだんに盛り込んだ物でした。
これまでJMSの経験がほとんどなかったのと、
前職ではマネージする仕事が多かったので、
はっきり言って、久しぶりに見るテックワードに戸惑いました。

ましてや、APIやその他ドキュメンテーションが見られない状態なので、
分からない問題は、すべて野生の感で解くしかありません。
じたばたしても仕方が無いので、ここまできたら、腹を括って、
今日中に全問終わらせる事を優先して解きました。
四択問題だった事が不幸中の幸いでした。

悪戦苦闘の末、なんとか全問回答する事が出来て、
自分の結果を知らされないまま結果が提出されました。

提出して10分程で、ハズにも結果が帰ってきました。
まぁ、当たり前ですが、残念な結果でしたね~。
軽く胃が痛くなる思いでした。

試験なんかでは実際のスキルは計れないと思うし、
現場では知らない事の方が多い中で解決する能力が重要だと思っているので、
後はもう、経験やスキルを面接でアピールするしかないですね。

何はともあれ、久しぶりのテストに疲れ切ってしまいました。
夕食のワインも程々に、面接に備えて早めに就寝しました。

面接の内容と結果はまた別途アップします。


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

こんにちは、ご無沙汰しています。
私もアデレードについて2週間が経ち仕事探しを始めた所です。
なかなか苦戦中ですが…

お互い早く良い仕事が見つかるといいですね。
コネがないと大変、って聞きますがハズ&ワイフさんはきっと精力的に動かれているんだろうなぁと
思います。あー私も頑張らなければ!!
アデレードからも応援しています!! (って私はまずは自分の事を考えなきゃか!!)
さちさん

サチさん

苦戦だなんて。。。さちさんブログ拝見しました。
たった2週間で仕事のオファーを頂けるなんて、羨ましい限りです。
まぁ、職場の雰囲気も重要なので、手放しで喜べないのも分かります。

私たちは相変わらずの進捗状況です。
「自分たちにはスキルがあるからマッチした求人さえあれば大丈夫!!」
っと強く言い聞かせて、焦らず、落ち込まず、でもって怠けず、頑張っています。

それでも、なかなか決まらないと精神状態が不安定になったり。。。
こればっかりは出会いだと思っているので、やっぱり気長に行くしか無いですよね。

お互い頑張っていきましょう!

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

12:44  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

☆迷ったけど、持ってこなくても特に問題なかったもの☆

2009.06.11 (Thu)

海外で暮らすとなると、
何をもっていこうという悩みはつきものですが、
なんでもかんでも持って行けるわけではないので、
その中で取捨選択が必要になってきます。

今回は、迷いに迷った結果、そのセレクションから落ちてしまったけれど、
意外に問題なく暮らせているアイテム
です


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
といっても、これもちょっとしかありませんが、


* 炊飯器
* 日本の食料



基本的に食べ物関係ですね


これは、超雑食人種な私たちだから当てはまるだけかもしれませんが、
とりあえず、移住して来てから今日までの47日間、
あぁ~、やっぱり持って来たらよかった~
と思ったことは一度もありません。


あんなに迷ったのにね・・・って話です。笑


まずは炊飯器。


炊飯器は、将来的には購入したいと思っていますが、
今のところそんなに食べる頻度が高くないので、
食べたかったら、しばらくは、お鍋で炊けばいいかなーと思っています。


とかいいつつ、まだお米すら買っていませんが・・


思い返せば、オレゴン時代もそんなにお米食べていなかったし、
食べたいときは、やっぱり鍋炊きで過ごしてきたので、
特に抵抗感はありません。


炊飯器は、これから、
先輩方のブログなどを参考に、気長に探していきたいと思います。


それよりもむしろどのお米を買ったらいいの~~??
というほうが、実は気になっていたりします。


私の母親の実家がお米農家なので、お米って買ったことがなくて、
オレゴン時代も、日本からちょっと持って行ったり、
母に送ってもらったりしていました


オーストラリアでは、精米の持ち込みは、市販のもののみOKということなので、
私のお米ライフを支えてくれたおじいちゃんのお米ともお別れやも…。
もしくは、市販っぽくパウチでもしない限り持ち込めませんね…


この際なので思い切ってどれか買ってみようとは思うものの、
やっぱりどれを買っていいのかわからーん


どなたか、オススメライスがあれば、ぜひ教えてください




それから、日本の食料品。


実はまだオーストラリアに食料品を持ち込んだことがありません。
(バッグのポケットに入れたまま、すっかり忘れていて、
思いがけず持ち込んでいたことはありますが…)


どんなものを持参したらいいかもよく分からなかったし、
実際暮らしてみて、必要だな~と思うものがあったら、
次回入国する時に持ってこよう
ということで、今回は、時に何も持ってきませんでした。


持ち込みの規制が、細かくて厳しいので、正直面倒くさかった…というもの、
持ってこなかった理由のひとつではあるのですが、
だからといって、持って来たら良かった…と思った食料はなく、
今のところブリスベンで入手できる食材で事足りてます


移住前に出会った、オーストラリア在住歴のある方々の話では、
たまごふりかけ」と「マヨネーズ」以外は、ほぼ持ち込めた
と聞いたことがあります。


検疫は、ひとまず卵製品や乳製品、生ものにはうるさいみたいです


こんなこと言ってしまったら怒られてしまうかもしれませんが、
調味料くらいなら、ある程度はアジアンマーケットで揃うし、
「ふりかけ」は日本でも食べたことなかったし、
「マヨネーズ」はオーストラリアでも売っているし、
味が気に入らなければ、自分で作ればいいし。。


あぁ、なんて可愛くない私・・・。
でも、そう考えると、やっぱり欲しいものって、ないんですよね・・・


アジアンマーケットでも買えるけど、値段が高いっという点では、
どんなものでも、よく使うものがあると便利なのかもしれないですね。


なんて、こんなことを書いていたら、
私たちのダメ日本人ぶりが浮き彫りになってきた気が・・


とはいえ、大好きな日本の食べ物もたくさんあります
焼肉、お寿司、お刺身、お母さんの手料理
どれをとっても、日本でしか食べられない。


だから、それは日本で食べればいいのだー


ということで、雑食ライフは続くのでしたチャンチャン


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ちなみに、食料品の持ち込みに関しては、
Quarantine領事館のサイトでいろいろと確認しました


オーストラリアには、
持ち込めないもの」と「申告すれば持ち込めるもの」があり、
どちらにしても、大切なのは「申告する」という姿勢のようです


規制されているものはもちろん持ち込めませんが、
それでも申請していれば「これは持ち込めません」
とあっけなく没収されるだけで、
怪しいものでもない限りは、トラブルになることはないようです。


ただ、申告しないで持ち込んだことがバレると、
別室に連れて行かれ、全ての荷物チェックを受け、
罰金を払わされたあげく、長時間に及ぶ説教を聞かされることになるようです


入国カードにも、「わからなければ申告しておく」ように書いてあるので、
迷ったら申告というスタンスが賢明かもしれませんね


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

同感です!

いろいろ迷っていたみたいだったけど、結局炊飯器は持っていかなかったんですね。でも鍋というものがあるから慣れればなんとかなりますよね。日本で食べていたものがすべて必要ということもないし。そうそう、私もマヨネーズは作ろうと思っていて、配合をいろいろ研究してみようと思います。つゆの素だって作れるし、基本的な食材さえあればサバイバルできそうな気がします。むしろ便利にいろんなものがあるとつい買っちゃうから、自分で作るという人間として原始的・基本的な行為が希薄になっちゃう。便利だからいいってもんじゃないんです。ないものねだりするのではなく、手に入る食材でいろんな料理を研究してみるのも楽しいでしょうね。
Yoshikoさん

Yoshikoさん

そうなんですよね。せっかく異国の地にいるのだから、そこの食事も取り入れてみたりしつつ、足りないものは自分で作ったりして。そんな原始的な暮らしが、実は楽しかったりしますよね☆ 東京ではできなかった暮らしなので、そんなものを作ってみては「私、結構やるじゃない?!」なんて自画自賛してみたり。

それから、他国の食材も手軽に入手できたりするので、そういう点でも楽しみが多いかもしれないですね。

ハズ&ワイフさん

はじめまして

私もブリスベン在中なのですが、お米は Sunrice の Medium Grain (赤っぽいパッケージ)を使ってますョ。マヨネーズですが、これは日本好きのオージーのお友達から教えてもらったんだけど、Heinz の Salad Cream が日本のマヨネーズにかなり近いと思います。これなら、Coles、Woolworth で手軽に手に入りますよ。
megさん

またまた コメさせていただきます。
炊飯器、家では「Breville」の Programmable rice cooker $100弱で購入しました。なぜかどうしてもタイマー付きのが欲しかったので。普段は1-2合しか炊かないんですが、タイマー付きは10合炊きしかなかったような・・・でも、寿司パーティなどしたい時は、大活躍です。
以前は電子レンジを使って、お米を調理するタッパータイプ($4くらいだったかな)の物を使用してました。
お米は、「Sunriceのmedium grain」(赤のパッケージ)が日本のお米・無洗米に近いと思います。WWやColesで買えます。medium grainが見た目的に日本米に似てるので購入し続けていて、富山産の新米やオーガニックライスを食べて育った私でも普通に食べていますよ。
食料品の持ち込みの件は、こちらの「Boarder security」というテレビ番組見てました?
実家の母が一度「のりタマ」や野菜の種(???)送ろうとして、しっかり抜き取られて、警告のようなレターと一緒に荷物が届きました。それ以来、私宛の荷物は、ほとんど中身を検査されるようになり、私も母に食品は一切送らないようにと念を押しています。
SatomiTigerさん

管理人のみ閲覧できます

-さん

meg

貴重な情報ありがとうございます☆
SunriceのMedium Grain?!赤いパッケージが目印なんですね。スーパーには、なんだからいろんなのがあって、見れば見るほど良くわからなくなってしまっていたので、とても助かります!
それから、マヨネーズ情報も、ありがとうございます。怖いものみたさで(?)買ってみたマヨネーズは、ちょっと甘かったので、やっぱり次は自作かな~、違うの試してみようかな~、なんて思っていたところでした。megさんのオージー友達情報、心強いですね!
ハズ&ワイフさん

SatomiTigerさん

いつもコメントありがとうございます♪

SunriceのMedium Grainに軍配が上がりましたね!早速スーパーで探してみたいと思います。

炊飯器も、タイマー付きのかわりに10合炊きとはっ…かなり大きめのサイズですね。うちでもタイマーがついているものが欲しいけれど、まだ友達もいないし、10合はさすがに宝の持ち腐れになってしまいそうだなぁ(笑)。電子レンジで調理できるタイプもあるのですね!とかいいつつ、まだ電子レンジ持っていないのですが…。

そしてお恥ずかしいことに、まだTVもないので、最近はTVもご無沙汰です。「Boarder security」は、以前メルボルンに行ったときに、お友達のお家で初めて見たことあります!なかなか斬新な番組ですよね。笑 その時は、下手なものは持ち込めないなぁ…とヒヤヒヤしながら見ていましたが、ひっかかると警告の手紙が入ってきたり、以後検査の対象になってしまうこともあるのですね…。恐るべし検疫…!

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

17:21  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

ハズのお仕事探し中、その3

2009.06.10 (Wed)

ハズの無い頭を絞りにしぼって、昨日履歴書をアップデート。

この間のリクルートエージェントとの面接で上がったポイントや、
オンラインで調べたHOW TO WRITE A KILLER RESUME的な要素を取り入れ、
最初のバージョンと見比べても我ながら「出来るな!」って思う履歴書に仕上がった。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
今朝、おもむろにSEEK.COMでJOB検索していたら、
気に入ったJOBを発見したので、早速送ってみた。

そしたら、お昼過ぎに着信あり???

サイレントモードになってた。。。涙

3時頃に2回目の電話がかかってきて、初めて気付いた。
電話取るのは間に合わなかったけど、留守電を聞いて早速折り返し電話。

朝応募したところからだった。
色々と履歴書のバックグラウンドチェックをされて、

明日面接が決定!

面接してくれるってことは、取りあえずは移民だからダメーとか、
英語が母国語じゃないからダメーとかいった偏見は無いみたいだ。
前職の会社のことも良く知っていたし、結構グローバルなところみたいだ。

面接は朝からだけど、10時半なので眠気の問題もなし。
色々とテクニカルな質問が来るだろうから、
今晩はアットマークITでも見て頭をITボーイにしておかないと。

あ、でも、サッカー見てからね。

そういえば、今朝は前職の同僚からもシドニーのポジションの紹介メールが来てた。
シドニーなので、どうしようかなって感じだけど、就活運が向いてきているのかも。

いい結果が出るように、幸運を祈っていてください!


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

こんばんは!

毎回楽しく読ませて貰ってます(^O^) 結婚二周年もおめでとうございました!まだまだラブラブな新婚さんなんですね~(o^-^o) うちは…アメリカで知り合ってから17年(☆o☆)、結婚して12年となってました~(^^;
ところで明日は面接なんですね!身内のごとく応援してますから(笑)!とにかくよい会社だといいですね~コンディションを整えて頑張って下さいねp(^^)q
yummyさん

おっと!

初の面接ですか?
good luckです!
シドニーからもお誘いが??
運、完全にむいてきてますよ!
シドニーもいい街ですよ!
(8年前の記憶から)
kaorinさん

面接頑張ってください!

朝、アプライして当日に面接の電話が入るなんて、かなり脈ありですね。いいなー。専門職の方はやっぱ、違いますよね。
私、先日ほぼ初めての面接(学校紹介やコネなしの企業の)に行ってきました。準備はしていったものの、英語面接となると、どうしても緊張気味な口調になって自分を思いっきり売り出せない私。電話応対のテスト等もやらされあたふたでした。いい勉強になったと言い聞かせ、次に生かそうと反省しながら帰ってきました。
ハズさんなら、大丈夫ですよ。グッドラック!
SatomiTigerさん

カオリンさん

ありがとうございます。
良い流れの中で、結果が伴えば願ったり叶ったりですね。
色んなところからシドニーの話があるのですが、
ブリスベンに住むためにやってきたんだから、
目的を見失わないで、ここで頑張りたいと思います。
ハズ&ワイフさん

yummyさん

ありがとうございます!
yummyさんは、もう結婚12年でしたか!
私たちは、アメリカで知り合って7年、結婚して2年と、
まだまだペーペー夫婦です(笑)。
これからも、2人であーだこーだ言いながら、
5年、10年と、さらに絆を深めていきたいです。

面接の応援もありがとうございます!
とても心強いです。(って、受けるのはダーリンですが…あは)
なんだかすごく緊張してたみたいですが、無事終わったようです(笑)。
その辺もまたアップするとおもうので、また遊びに来てくださいね☆
ハズ&ワイフさん

SatomiTigerさん

ほんと、朝出して昼に電話面接はラッキーでした。
これまで何十社も履歴書を送ってきて、
全てなしのつぶてだったのに、
気合い入れて履歴書を書いたらすぐに返事が来て、
履歴書って本当に大切なんだなと痛感しました。

面接もハズの場合は、一番最初のキャリアがアメリカだったからか、
日本語で受けるより英語の方がリラックスして普通に話せます。
日本語でしかも相手が日本人だと間違った言葉遣いしてないか
とか、凄く緊張して逆に硬い口調になってしまいますね。
でも、面接で電話対応のテストとかあるんですね。
そういうのは何語でやってもやっぱり緊張するんだろうなぁ。
とにかく、良い経験ができたのでは?面接お疲れ様でした。

今回のハズの面接の様子はまたブログ記事にしてアップしますね。

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

14:46  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

アイテム追加☆オーストラリアに持って来て良かったもの☆

2009.06.09 (Tue)

☆オーストラリアに持って来て良かったもの☆追加アイテムです

あまりに生活の一部になりすぎていて、
「持って来て良かった~」とすら感じていませんでしたが、
これがないと、今の暮らしはあり得ません…という
マストアイテムを2つ追加しておきたいと思います。


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
追加アイテムその1:電源プラグアダプタ!!!


240vまで対応している日本から持参したノートパソコンやデジカメ用に
オーストラリアのコンセントに使える、ハの字の電源プラグアダプタ
世の中的には、Oタイプと呼ばれているものです


これは、もちろん付け替えて使うこともできますが、
そんなに高価なものでもないので
電源の数だけ持っていると便利です。


電子機器の使う頻度が高ければ高いほど、
いちいち付け替えるのが面倒臭くなってくるので・・

というか、私が極度の面倒くさがりなだけかもしれませんが…


それと、1つのアダプタで3口まで対応といった、
ちょっとこじゃれたアダプタもあるのですが、
これは意外に接触が悪くなりやすくて、
使用中にパチパチ音を発したり、
他の電源を抜くときにバチバチ電気を発したりすることがあったので、
我が家ではお蔵入りとなりました

オーストラリアでは、240vという日本の倍以上の電圧が流れています。
これまでに体験したことのないビリビリ経験は、極力避けたいので、
個人的には、ベタな1口のものが気に入っている理由だったりします。



追加アイテムその2:
そして、もしかすると衣類並みに当たり前のアイテムで、
言うに値しないかもしれませんが、デジカメ!!!


これは、オーストラリアの奇麗な景色を家族や友達にっ
という記念撮影的な役割ではなくて、
移住当初、暮らしに直結する、もっと大事な仕事が待っているのです


それが、部屋探し


部屋探しでは、相当多くの物件を見て回ることになりますが、
興味のある部屋って、だいたい似たような物件が多いですし、
そんなお部屋の細かい部分までを、
覚えておくには限界があります


なので、デジカメでパチパチと撮っておけば、
それぞれの部屋の印象を、あとからでも思い出すことができて便利です。
私たちは、インスペクションで撮った写真を見ながら、
実際にアプリケーションを出すかどうかを検討していました。


ちなみに、メルボルンでの部屋探しを含めて、
私たちがこれまで見て回った物件で、
室内の写真を撮っている現地人にはお目にかかったことがありません。


とはいえ、不動産の担当者に一言断れば、快く撮らせてもらえます
その部屋にまだ住んでいる人がいる場合は、撮影NGなので、
そんな時は、外観だけを撮り、間取りはノートに書いたりしていました。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

というわけで、前回、前々回からのアイテムをまとめておくと、
こんな感じです。

*ノートパソコン (+ iPod touch)
*USBハブ
*国際免許証
*タオル類
*洗濯ネット
*ウォーキングシューズ
*日焼けグッズ
*ウェットティッシュ
*USB携帯チャージャー
*ちょっとした文具
*電源プラグアダプタ(Oタイプ)
*デジカメ



次回は、迷ったけど、持ってこなくても特に問題なかったものを書こうと思います。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

賛成意見です。

・タオル
比べると、日本(中国製かも)で使われてるタオルの方が質がいいと思います、現地購入タオル、どんな高級(チック)なものでも何回洗濯しても、入浴後体を拭く時、繊維が肌にこびりつく。
・日焼けグッズ
サングラス、自分の目頭にしっくりはまるタイプが現地で見つけにくい。
帽子・日傘、日本での方がバラエティーが豊富。
日焼け止めローション、SPF50レベルは現地に売ってない。冬でも、日差しが強い時があるので、ブリスベンでは年がら年中  必須アイテム。
あと、夏用必須アイテムの一つに加えたいのが、虫刺されグッズ。こちらブリスベン、亜熱帯気候なので、夏場蚊の攻撃多し。
そこで日本からの「電池式の香取マット」「ウナ・コーワ」(分かります?)が大活躍。屋外に出かけるときは、現地製の虫除けスプレーで効果は見られます。
この時期になると、ブリスベンでは冬物衣類、なかなか気に入ったもの、ちゃんと防寒できるものが手ごろに見つかりません。ユニクロが恋しいです。
SatomiTigerさん

SatomiTigerさん

そっか~!「虫さされグッズ」も大事でしたかー!
一応「虫除け」と「ウナコーワ」を持って来ていたのですが、
まだ一度も出番がなく、箱に入ったままです…。
きっと、私たちが来ときはすでに蚊に襲撃される時期を越えていたのかもしれませんね?
来年の夏(冬?)に威力を発揮してくれるはず?!
「蚊取りマット」も大活躍とは…、次回日本でゲットしてきたいと思います。

防寒に関しては、ブリスベンの冬がどのくらい寒くなるのか?
というのが良くわからず、ユニクロのジャンパー的なもの各1着しか持って来ていません…。
手頃な防寒グッズも、なかなか見つけ難いのですね…。

タオルは、こっちでは、まだIKEAの安っすいのしか買っていないので、
すぐボロボロでも、まぁそんなもんか、と思っていましたが、
それなりに高級(チックというの笑っちゃいました)なものでも、
イマイチなのですね…。う~ん。
12月にブリスベンに来た時に買った、良くある大きい厚ぼったいタイプのバスタオルは、
なぜかダーリンが気に入ってます。笑
ちなみに、会社の人から素敵なタオルをいただいたのですが、
素敵すぎて使えていない貧乏性な私…。

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

15:33  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

★オーストラリアに持ってくれば良かったもの★

2009.06.07 (Sun)

前回のオーストラリアに持って来て良かったものに引き続き、
今回は、持ってくれば良かった…というアイテムです。


とはいっても、そんなに多くはないのですが、
詰めが甘かったかなぁ~


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
まずは、USB携帯チャージャー

こっちに来て時間のあるときに、
日本で使用していた携帯に入れていた友達の連絡先を書き出そう
なんて思っていたら、いつの間にか充電が切れてしまいました。。
というわけで、感じの悪い音信不通の人になっています

まぁ、変圧器でも良いんですけどね。
どちらにしても、両方持っていないので、
これは今すぐにでも欲しいです


いやいや…普通持っていくでしょ。。と突っ込まれてしまいそうですが、
そもそもことの発端は…、

日本にいるときに、
ダーリン 「USB携帯チャージャー買って持っていく?」
ワイフ  「えー?いらないでしょ。どうせ携帯使えないし。」
ダーリン 「あ、そう?ならいいか。」

とうやり取りがあったようなのです。

ようなのです…?

はい。そうなのです。

人間は本当に賢い生き物で、
自分に都合の悪いことは忘れてしまうんですね・・
そんな記憶は1ミクロもないのですが、
ダーリンの再現があまりにリアルすぎて、
多分(というか間違いなく)事実です

しかも、皮肉なことに、
今それを必要だと思っている人が、
提案したダーリンではなく、却下した私・・・
うぅぅ~、私のバカバカバカーーー




そして、ちょっとした文房具

お金を出すのにアホらしいものの中に文房具も含まれるかと思います。

海外の文房具はしょぼい上に高いので、
日通で発送した荷物に、日本製のハイテク文具達をしこたま入れておいたのですが、
必要なのはもっと早い段階でした…。
4色ボールペンくらいは持っていたものの、
ハサミとかカッターとか、引っ越しにはそういうのが必要なんですってば




と、意外にこれくらいです。


まぁ、裏を返せば、私たちの荷物に無駄がなかったということでしょうか。
ふふふ・・自画自賛


なーんて・・・スミマセン調子に乗りました…


正直、あると便利なものをあげればキリがありませんが、
その辺は生活が落ち着いてからでも十分だと思っています。


それに、最低限の物があれば、それなりに暮らせるし、
ないならないで、知恵を絞りながら暮らしてる今は、
案外楽しかったりもしています




というわけで、前回の持って来て良かったもの、
今回持ってくれば良かった物をまとめると、
ひとまずこんな感じです。

*ノートパソコン (+ iPod touch)
*USBハブ
*国際免許証
*タオル類
*洗濯ネット
*ウォーキングシューズ
*日焼けグッズ
*ウェットティッシュ
*USB携帯チャージャー
*ちょっとした文具



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント


この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

19:49  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

☆オーストラリアに持って来て良かったもの☆

2009.06.03 (Wed)

オーストラリアのこと、ブリスベンのこと、
まだ知らないことだらけですが、
お皿一枚なかったところから、
それなりに料理ができる環境になり、
毎日ブログの更新ができるようなネット環境が整い、
なんだか随分長くここに居るよな気がします


日本から送った荷物で即お役立ちアイテムは、上着くらいだった…
というこのは、前にも触れましたが、
今回は、スーツケースで持って来て良かった物を書いておきたいと思います。


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
ちなみに、これは、
家もない、仕事もない、街も知らない、知り合いもいない、という
ないない尽くしの状況下での話なので、
人によって必要の度合いは違うかもしれません。


まずは、何はなくとも、
ノートパソコンです!

私たちは、来てまず住む部屋を探さなくてはいけませんでした。

ただ、オーストラリアでの部屋探しは、
不動産に行って、

すみませ~ん、こういう物件探してるんですけどー
なるほどなるほど、そしたらこんなのどうですかー?

なんて日本のような至れり尽くせりなサービスは、残念ながらありません
買う場合はあるかもしれませんが、借りる場合はまずありえません。

不動産情報サイトから興味のある物件を探して、直接見に行く、というのが基本なので、
物件を探すのはもちろん、インスペクションの予約や、
イスペクションに行くための地図検索まで、
パソコン&ネットがないことには始まらないのです…


プラス、私たちはインスピレーションでブリスベンに来たので、
街の様子も良く知りません。。

だからといって、何かを聞ける知り合いがいる訳でもないので、
どこへ行くにも、
どんなところがあるのか?どうやっていくのか?と、
やっぱりネット検索からスタートします。

文明の利器に感謝ですね~


ちなみに、第一陣で来ていたダーリンは、
ラップトップに加えて、iPod touchも持参してきてたのですが、
これまた便利だったようです
Must-haveとうよりは、Nice-to-haveという感じでしょうか。

来てすぐはプリンターも持っていなかったので、
iPod touchで地図を表示しては、部屋探しに向かっていたようです

ネット環境でいうと、
オーストラリアには「インターネット接続あり」とうたってるホテルが多くありますが、
日本のビジネスホテルのように、フリーではなくて、
たいてい1時間5~10ドルくらいの料金がかかります。
ホテルによっては、時間帯や使用できる場所が限られているところもあります。。

それから、多くのマクドナルドがWiFiスポットになっているので、
ここでもちょっとしたインターネットは可能です(相当遅いですが…)。
ダーリンも、ブリスベンには既にいくつも思い出の場所があるとか。笑

インターネットカフェもそこら中にありますが、
個人情報のやり取りが必要な部屋探し等では、
プライバシーやセキュリティがちょっとし心配なのと、
結構な時間滞在する必要がでてくるので、
高くついてしまうかもしれませんね




次に、USBハブ!!

これはこっちでも購入できますが、
日本の方が品数が豊富なうえに、圧倒的に安いっ
日本では1,000円もしないものが、こっちでは$30くらいします。
しかも、デザインは超しょぼ…
日本の素晴らしさを感じる瞬間です

始めは「あったらきっと便利じゃない?」くらいの軽いのりで
「どれどれ、それなら試しにひとつ…」と買って持って来たのですが、

ワイヤレスブロードバンドのモデム、USBメモリ、プリンター、デジカメ、iPod…
常時接続しておきたいものから、必要にあわせて接続するものまで、
想像していた以上に相当便利ですっ

私たちは、4ポートまで対応しているものを持ってきましたが、
あまりに重宝しすぎて足りないくらい。
次回日本に行くときは、もっとポート数の多いもの、
もしくは同じものを追加購入したいです




続いて、国際運転免許証!!

私たちの州(QLD)では、
国際免許証をそのままドライバーライセンスに移行することはできませんが、
来てすぐのレンタカーはもちろん、
IDがいくつも必要な契約(お部屋、携帯、車など)の際に、
非常に役に立ちました




それから、思っていた以上に必要だったのがタオル類!!

新しいバスタオルを3つほど持参しましたが、
お気に入りタオルだけでなく、しょぼいタオルも含めて、
もっといろんな種類を持ってくればよかった…と思うくらい、
タオルはマストアイテムです

ホテル滞在中はホテルに備え付けのタオルがあったので特に困りませんでしたが、
アパートに引っ越してからは、誰に借りる訳にもいきません。。
キッチンやバスルームのお手拭きタオル、
ちょっと汚れたところを拭くゾウキン、
マルチパーパスのタオルがなくて結構困りました。

家具、家電、キッチン用品、その他全ての生活用品を買い揃えるとなると、
アホらしい出費の一つが、ゾウキンにもなるタオルだと思います。
お気に入りや新品のタオル以外にも、
何に使っても痛くないどうでもいいタオルがあると間違いなく便利です。

K-MartやTargetにいっても、意外に何ドルもするので、
用途を考えると、買う気がしなくって
まぁ、そうはいっても、必要なんですけどね…

幸いにも、IKEAで1枚99セントという、
あまり質のよろしくない平凡なタオルに出会えたので
迷わず何枚か購入!!早速大活躍です

良いものは、後から探していくらでも揃えられますが、
とりあえずの物は、なるべく出費を抑えたいですよねー




そして、洗濯には欠かせない洗濯ネット!!

奇麗好き大国日本からくると、
「おっと…」と思うようなコンディションの洗濯機も多くあるので、
洗濯ネットがあれば、すくなくとも自分の衣類は守れる気がします

新品の洗濯機を購入するなら心配ないですが、
購入までに時間もかかるし、
ホテルを含むステイ先やそこいらのコインランドリーでは
何があるか分かりませんから…
気持ちがオージーになるまでは、これもNice-to-haveかもしれません。




徒歩隊にはウォーキングシューズ!!

日本にいた時は履いたことなかったけど、
ダーリンが会社を辞める時、たまたま同僚からプレゼントされたようです

移動手段のメインは徒歩だったので、
部屋探しなどで歩き回る時に、実力を発揮しまくりっ

早速ワイフも買ってみましたが、
かーなーり、歩きやすいっ
やっぱりスニーカーとは違うんだなぁ~
ということに気づいてからは、専らそればかりを履いてしまいます




焼きたい人も、焼きたくない人も、絶対必要な日焼け防止アイテム!!

私たちが来たのは秋にさしかかる季節でしたが、
日差しは痛いくらいガンガンでした

オーストラリアの紫外線は、日本の7倍も強いそうです
日本での1週間分の紫外線を1日で浴びてしまう?!と思うと怖いですね
バケーションならまだしも、これからの人生この紫外線を浴び続ける、と思ったら、
日焼け対策(正確には紫外線対策)を考えない訳にはいきません!

ひとまず、日焼け止め、サングラス、帽子あたりでしょうか。

紫外線大国なだけあって、
顔や体用の日焼け止めもかなり充実していますが、
自分にあった物を選ぶまでの間、
使い慣れた日焼け止めがあると便利です

しかも、あっという間に使い切れるので、
多くあっても心配ないです。

ちなみに、私は日本でよく使っていたSPF27のものを持ってきたのですが、
聞くところによると、SPF30以下の日焼け止めは、気休めにしかならないとか…




最後に、ウェットティッシュ!!

初めてオーストラリアに来るときに偶然持ち合わせたウェットティッシュが、
本当に大活躍したことを教訓に、
マツキヨでたくさん入った安いのをガッツリ買い込んできました。

Must-haveというよりは、Nice-to-have程度ですが、
何かするにも、ちょっと汚いところがあったり、
外にいるとやたら手が汚れるので(私のお行儀の問題…?)、
なかなかの便利品です



う~ん、これが多いのか少ないのかは分かりませんが、
こんなところでしょうか。


ちなみに、持ってくれば良かったぁ~とうアイテムは、また近々アップします



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

参考になります!

ありがとうございます!ほんとに参考になります。やはり日本は家電大国なんですね。電圧の違いでほとんど持っていけないのが悲しいですが、コンセントを使わないものなら大丈夫ですね!古いタオルっていうのは意外でした。その他そんなのどこででも手に入るじゃない?と思うものが意外と重要なんですね。特に当座生活に慣れるまでは。勉強になります!
Yoshikoさん

Yoshikoさん

恥ずかしいくらい現地で買えるものばかりなので、どちらかというと「暮らしが慣れてくるまで」あるといいもの、といた感じでしょうか。。ホントにどこでも手に入るものは、現地で買えばいいと思うのですが、私たちの場合、どこにどんなお店があるかという基本的な情報もなかったし、聞ける人もいなかったので、持っていて良かった~と思ったのかもしれないです(笑)

あと、これから記事に追加しておこうと思うのですが、パソコンやデジカメなど240vに対応している家電用に、オーストラリア仕様のハの字のアダプタがあると良いと思います!

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

23:38  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

ハズのお仕事探し中、その2

2009.05.29 (Fri)

今日はリクルーティングエージェントの面接に行ってきました。このエージェントは先日Queens St.にある日系旅行代理店ナビツアーの店員さんに教えて頂いたもので、早速ウェブから登録したところ本日面接する運びとなりました。

今日までのメールのやり取りで、面接日が当日いきなり変更になったり、面接日程のコンファメーションが来なかったり、当日にも関わらず面接時間を忘れていたらしく、面接直前にまたまた時間が変更になったりと、エージェント自体に若干の不安を抱きつつ久しぶりにスーツに着替えてシティーへと向かいました。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
辿り着いたビルはシティーの外れの辛うじてシティという場所にありました。エレベータでオフィスのフロアに登ってみると、いきなり目の前に何やら旅行代理店のような店舗が広がっていました。まさか、ここじゃないよなと思って社名を見てみると、

「スタッフ・ソリューションズ・ブリスベン」

確かに、面接を予定しているエージェント名です。さらに不安になりながら、旅行代理店のカウンターの様なところでパソコンに勤しんでいるアルバイトっぽい青年に声をかけ、面接の予約で来た事を伝えると、真後ろを指差して、「彼女です。」とひとこと。振り返ると、女性が何やら別の方と話をされていました。しばらくして、女性はこちらにやってきて奥へと案内されました。

奥と行っても、本棚で仕切られた場所に丸テーブルが設置されていて、簡易的な来客スペースになっているようです。軽く挨拶を交わして、エージェントの女性から一通りエージェントとそのサービスについて説明を頂きました。どうも場所が場所だけに落ち着かず、取りあえず上着を脱いで、早速本題に入ろうと履歴書の話を始めました。

面接ではどういう事を聞かれるのか、もしくはどういう目的で面接をされるのかいまいち不明のまま望んだので、面接の中で相手が求めている情報を出来るだけ正確にお伝えしようと思いました。その上で、こちらからも相談毎があったので折りをみて聞いてみる事にしました。

ハズが聞きたかった事は2点、ひとつは履歴書の体裁と内容についての確認、もうひとつは現在作成中のサンプルコードの内容について。

基本的に彼女の質問は履歴書の内容についてでしたが、どうやら彼女は履歴書にちゃんと目を通していなかったらしく、キーワードだけを拾って質問をされていました。面接前に履歴書ぐらいは読んで欲しかったなぁと思いつつ、その都度、履歴書に書いてある内容を答えていました。また、なぜか履歴書に書いていないスキルについてハズの得意分野と勘違いしていたようで、しきりにその分野での求人の説明を始めようとするので、何度となく、「その分野は今回考えていません。」とお伝えする事に。全く知らない分野ではないのですが、余りやりたい事ではないので、履歴書にもスキルとして書いていませんでした。



ただ、この彼女とのやり取りの中で感じた事は履歴書を作成する上でヒントになりました。ひとつはHRの担当者もこれぐらいの拾い読みしかしないんだろうなって事。つまり、こういう読み方をされても自分のスキルセットをちゃんと把握してもらえるような構成でないと通らないのではないかと考えました。もうひとつは履歴書に目を通す人がすべてITに精通している訳ではないので、そういった人にヒットするキーワードとIT担当向けにそれをサポートするようなちょっとディープな内容も簡潔に盛り込んでおいた方が良いだろうと思いました。



一通り、彼女との問答も終わり、ハズの確認事項について相談してみました。まずは、その場で履歴書を読んで頂いて体裁と内容について確認しました。全体的には問題ないが、日系企業向けに名の通っているN社での経歴をもっと最初の方に持って来る方が良い事とリフェレンスを追加するように助言頂きました。ポートフォリオ用のサンプルコードについては過去にそういう物を提出した人が居ないため助言出来ないとの事。まあ、仕方ないですね。

最終的に、ブリスベンでは紹介出来る仕事はないとの事で、シドニーかメルボルンへの移動を進められましたが、そこはもちろん「No!」とお答えしました。切羽詰まったら100%ないとは言い切れませんが、さすがにもうちょっとここで頑張ってから考えたいと思います。そんな訳で、今回の面接では直接求人に繋がるような出会いはありませんでしたが、まだまだ荒削りだった履歴書をブラッシュアップする手がかりができた事と、久しぶりにスーツを来て、街に出た事でなんだか働きて~って気になった事が収穫でした。



面接が終わって間もなく、ワイフからちょうど家での仕事を終えてシティーに向かっているとメールがありました。セントラルステーションで待ち合わせてお茶をする事に。今日ハズがスーツで外出したからか、はたまた新しい服がたくさん届いたからなのか、ちょっとお洒落な格好での登場で、毎日パーカ姿しか見ていなかったのでドキッとしました。ハズは東京時代のスーツフル装備でワイフはちょっとお洒落さんで、ブリスベンのシティーではかなり浮いていたと思います。すれ違う人にチラチラと見られているのを感じました。

CIMG2891.jpg
シティーで新しいカフェを開拓すべく今日はボタニカルガーデンの辺りまで足を伸ばしてみました。いくつか良さげなカフェを見つけたので入ってみたのですが、オーダーする直前になってEFTPOSが使えなく、手持ちの小銭では足りなかったので断念。散歩がてらボタニカルガーデンの中へと入って行きました。案内板を見てみると、ここにもカフェがあるではないですか。さっそくカフェを目指してガーデン内をてくてく。至る所で寛ぐカップルをかき分けて、カフェにたどり着きました。電気はついているがお客は一人も居なかったので、平日のせいかなと思いきや、メニューを見て分かりました。カフェは午後四時まで、このときちょうど午後四時を回ったところでした。

カンバン
仕方がないので、新しいカフェの散策は諦めて先日行ったSugar n' Spiceに行く事にしました。Sugar n' Spiceに入ると店員さんは我々の事を覚えてくれていたようで、また来たねって挨拶してくれました。こういうちょっとしたつながり嬉しいですね。いつものようにふたりでモカとカプチーノとケーキをひとつずつ頼みました。まだ二回目ですが、やっぱりここは落ち着きます。来週もまたきっと来るでしょう。

面接の事書くつもりが、カフェの方に脱線してしまいましたね。ワイフの日々のブログとは別にまた就職ネタがあったらアップします。



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

私も

人材派遣の会社に登録しましたが、
面接などなかったので、
やっぱり職業によって、
そういったところも違うんですね!
って、私、こっちでスーツすら持ってないです!!
kaorinさん

豪のエージェントは

あてにならないですねぇ。日本だと親身に相談に乗ってくれたり、どうやったら面接を攻略できるか教えてくれたりしたけど、こっちはまるでアンタが雇用主!?みたいな態度ですよね。もちろんレジュメは読んでないし。私は数社行って諦めました。就職の事務プロセス代行業だと思った方がいいです。
私もスーツ着てシャキッと仕事したい~!!と就職活動中に思ったものですが、今はまったくスーツなど着ておりません(笑)。シティにさえ行きませんし。毎日カジュアル、金曜はカジュアルデーなので、カジュアルな服装です。

シドニーには来ないんですか?私もアデレードで頑張ることを考えたけど、10年先20年先に仕事で苦労するのは嫌だったので、これで良かったと思います。シドニーもシティを離れれば、今も手付かずの自然がいっぱいですよ!(人手が足りなくてほっぽりだしって感じ 笑)
EveJohnnyママさん

カオリンさん

エージェントは本当によくわからないですよね。
まぁ、既に余り期待はしていませんが、使えるツールは持っておきたいので。

スーツは就職活動の時しか着なかったてのを前にブログで読んだけど、
苦労してスーツ持ってきたから嬉しいような悲しいような。。。
でも、仕事が決まれば、そこがスーツ勤務だろうが、チノパン勤務だろうが関係なし!
好きな仕事ができればそれが一番の幸せですよ。
ハズ&ワイフさん

EveJohnnyママさん

エージェントは事務プロセス代行業というのはツボにハマりました。
使えねぇっと思っていたエージェントも
そう考えると、色々と使い道が広がってきますね。

革靴は好きですが、スーツは余り好きじゃありません。
日本の会社でもほぼジャケパンでした。
ただ、革靴にはやっぱりスーツの方が締まるんですよね。
でも、ここだと革靴を履く機会もないのですが。。。

ここ数週間の就職活動でシドニーかなり魅力的に思えてきました。
仕事も自然も、そして人も、多いのはやっぱりシドニーですね。
でも、やっぱり住みたいのはブリスベン。
この中途半端な大きさが心地いいんですよね。
ブリスベンはこれから発展していくと思うので、
その一端を担う仕事が出来ると良いですね。
ワイフがお仕事がんばってくれているので、出来るだけ早くこの地で決めて、
本当に移住したと家族に胸を張って言えるようになりたいです。
ハズ&ワイフさん

スタッフソリューションズ

私もハズさんが行かれた前日に登録に行って来ました。全く同じように、一張羅のスーツで身を固めていったものの・・・、面接の内容もほぼ同じ、レジメに関するアドバイスを貰って終わりました。ブリスベンは確かにシドニーに比べると仕事の数は少ないようですね。ちょうど1年前の求人数に対して、半分以下に減ってると思います。私も結婚しているので、他都市への移動は考えてませんね。
ところで、そのほかの豪のリクルートエージェントに登録されてますか?私は、レジメ添付のオンライン登録を2,3社してみたのですが、これまた音沙汰なしで、コレはこっちからコンサルタントか誰かにコンタクト取るべきなのかと迷っています。何かご存知でしたら教えてください。
SatomiTigerさん

SatomiTigerさん

奇遇ですね~。
担当されたのは女性のマネージャさんだったでしょうか?
何のための面接だったのか未だに不明なのですが、
ほんと、暖簾に腕押しですね。

レジメ等ははSEEKに求人を出しているエージェントにいくつか登録しています。
いくつかメールがあったのですが、余りポジティブな反応ではありませんね。

ガバメント系の仕事も考えてらっしゃいますか?
競争はさらに厳しいようですが、コンスタントに求人がでているようです。

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:01  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

箱の中身は…?

2009.05.27 (Wed)

「箱の中身が気になる」というコメントをいただいたので、
昨日のブログに続いて、上着以外の箱の中身をご紹介したいと思います


基本的には、衣類と靴です…


ブリスベンは冬でも最低気温は10℃程度という話を聞いていたのと、
ブリスベンより寒いとされるメルボルンの知り合いオージーカップルが日本に来た時、
「日本がこんなに寒いと思わなかった」と比較的薄着だったので、
そこまで寒くはならないのかなという勝手な判断で、
ヘビーなコートの類は含まれていません


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
大きく分けると、こんな感じです


衣類: オールシーズンの普段着、スウェットなどの部屋着、大量の靴下
スポーツ用品:ジャージ、トレーニングシャツ・スパイクなど
:カジュアル・ダーリンの愛する革靴達と靴磨きセット
カバン



衣類の一部
CIMG2910.jpg

カバン類
CIMG2921.jpg
質屋のよう…?


その隙間に、

実家に置いて行かれても困るだろうこまごまとした書類
思い出の写真集
ITグッズ
ちょっとした医薬品


CIMG2911.jpg


昨日のブログにも書きましたが、
これだけ送っておきながらも、
即戦力となるものは、上着となるパーカーくらいです…


ちなみに、ごちゃごちゃっと入ってきた荷物を
ソートしてみた感じでは、量は以下の通り

衣類全般・・・・・ 1.5箱
スポーツ用品・・・ 1箱
靴・・・・・・・・ 2箱
その他革製品・・・ 0.5箱
その他コマゴマ・・ 1箱



ん…
何かバランスがおかしくないか…


箱に荷物をつめている時は、時間との戦いだったので、
あまり何も考えていませんでしたが、
届いた箱の中身を確認してビックリ…


だけで2箱って・・・


その証拠がこちら


まずは、カジュアル&スポーツ用
CIMG2913.jpg
(ダーリン5足、ワイフ5足)


そして、ダーリンの恋人たち…?
CIMG2920.jpg
(ダーリン10足、ワイフ3足)


どんだけあるんだよ~~っ


しかも、半分以上がダーリンの趣味である革靴様


しかもしかも、その革靴様のほとんどが箱入り娘


しかもしかもしかも、彼、送った靴とは別に、
スーツケースに4足ほど詰め込んでいましたから
(ずっしりとしたシダーのシューツリー入り…)


靴バカです


本人曰く、興味があるのは靴よりもむしろ靴磨きだとか。
革が上質なほど、育てがい(磨きがい?)がある
と、自分が磨いた靴を眺めては、よくうっとりしています。


まぁ、確かに紳士靴は、婦人靴にはない歴史とロマンがあるのですが、
そうはいってもねぇ~…


お洒落は足下からという有名な言葉がありますが、
ダーリンの場合はお洒落は足下だけ
と言った方が適切かもしれません


下(足下)から上に進んでいくかな~なんて楽しみにしていた矢先に、
オーストラリアへ来てしまったので(メルボルンならまだしもブリスベン)、
やっぱり足下だけで留まるのかな~。


なんせ、靴はネットを駆使してどこまでも探しに行くのに、
会社用ウールパンツは、サラリーマンの強い見方UNIQLOですし
(ちなみに、このUNIQLのウールパンツは、相当ハイクオリティです)


そんな事を考えながら、
(昨日ブログにも書いた)『必要なものではなく、あったらいいもの』が届いたことで、
私たちの暮らしのどのあたりが贅沢になっていくのだろう
と改めて考えてみました。


衣類、スポーツ、靴、衣類、スポーツ、靴、衣類、スポーツ、靴、、、


明らかに「趣味」ですね。。


趣味の充実。
そりゃ~、『必要なものではなく、あったらいいもの』なわけだ・・


ちなみに、最後の最後まで送ろうか迷いながらも、
すでに6箱もあるし、
これ以上送ると追加料金になってしまうし…
と、断念して実家に置き去りにしてきたたキッチン用品群があったのですが、、


輸入されてきたダーリンの靴の数をみたら、
キッチン用品のほうが欲しかったよぉ~
と心の底から叫びたい気持に・・。


こうなったら…、
ダーリンの初任給でキッチン用品を買ってもらうぞー


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

箱の中身、楽しみにしておりました☆

靴多し!! 恐るべしハズさん! そして靴よりも靴磨き、そして「上質な靴ほど育てがいが・・」というところ! なかなかのマニアと見ました。

うーん、そうですよね。。。 ワイフさんの立場からみれば確かにキッチン用品のほうがうれしかったりしますよね。 そそ、こうなったらハズさんのお給料でどーんとキッチン用品買いに行きましょー! 買ったらまた見せてくださいねん♪
くんちゃんさん

すごい・・・

靴だけみると大家族みたいですね~

うちの旦那さんも、会社用のパンツはUNIQLOご愛用しております♪しわになりにくいし、安いし、オーストラリアではこれで十分デス(^^v

と言って、私もだんだんファッションにあまりこだわらなくなってきたのでヤバシです(^^;
mameryocoさん

そうなんですよね!

送った物を改めて見てみると、
「んん?」って思う物、けっこうあったりしますよね!
私は、こちらに来てすぐに家族が遊びに来て、
その時にいろいろ持ってきてもらったので、
送ったのは結局1箱(1万円)で済みましたが、
それでも「高いぃ~~」って思ってました!
kaorinさん

くんちゃん

かなりの靴磨きマニアですね。

以前、靴の事が気になって夜中に靴箱の前に座り込んでいた事があります。
仕事で辛い事があった時や、長時間残業でストレスが溜まった時などは、
靴を磨いているとストレスが和らぎ、磨いた靴を眺めていると心が安らぐそうです。

ハズの仕事が決まったら買ってもらう物のリストは着々とアイテム増強中です。
それまではKマートのキッチン用品でやりくししていかないとね。

料理は愛情!

ハズ&ワイフさん

mameryocoさん

靴だけ見るとね~。若干2名の家族なんですけど。。。

UNIQLOはその辺のブランド品よりパンツの質が高いように思います。
トゥモローやビームスで買ったパンツは良くボタン取れたりしますが、
その点UNIQLOパンツはボタンの材質は確かにチープですが、とれたりしません。
値段が値段なので、結構な無茶も出来ます。

同じ値段でインコのパンツ1枚買うなら、間違いなくユニクロのパンツ10枚を選びますね。
他の安い衣料品店の物と比べてもUNIQLOはコストパフォーマンが格段に良いので、
これもファッションにこだわっていると言えなくもないかな。

ちなみに、靴がピカピカだと誰もUNIQLOのパンツだと気付きませんよ。

ハズ&ワイフさん

カオリンさん

1万円で済んだなんて、本当に羨ましいですよ。
やっぱり家族に運んでもらうのが一番良いですよね。
うちの親も最初は荷物運びがてら来るみたいな事を言っていたのですが、
その後、全く来る気配ありません。
変にスカイプとか教えたのがマズかったのか、

うちらが日本に里帰りする方が早いような気がする。。。

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

21:10  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

荷物が届きました~♪♪

2009.05.26 (Tue)

ワイフが有給休暇に入ってから、
ブリスベンへ出発するまでの約5日の間に、
ドォーーッともの凄い勢いでパッキングした荷物6箱が、
昨日ついに到着しました


CIMG2867.jpg
疲れ果てた箱たち…
戦いの跡が感じられます


>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
6箱も送った割には、
お~、来た来た!」という
感動の再会を果たすような喜びは、意外にありませんでした


ここのところ、ブリスベンの気候は、
1ヶ月前に比べると気温が低くなってきているのですが
なんせパーカーを1枚しか持ってきていなかったので、
毎日その1着で暮らしていた私たちにとっては…


なんて言うか、、
届いて良かった~」というものは上着くらいで、
あとは、必要なものというより、あったらいいものだったようです。


まぁ、仕事を始めると、送られて来たアイテム達が大活躍し始め、
「送ってよかったね~」ということになるのでしょうけれど…


CIMG2868.jpg
早速あったか衣類を漁るワイフ



それでも移住する前は、送料もばかにならないし、


現地でも買えるものは、わざわざ送らなくても現地で買えば良い


と考えていたので、
この6箱を約16万円で送るにあたっては、


なんて高いのだ…」としか思っていませんでした。


が…、


頼る人もいないゼロからの生活基盤構築には、
家電、家具、キッチン用品、情報収集のための通信環境の確保などなど、
最低限の暮らしをする上で必要なものが結構あって、
それだけでもかなりのお金と時間を費やすことになります


オーストラリアには、
日本より安い物がたくさんありますが、
日本より高い物もたくさんあります。


16万あげるから、いろいろ揃えな
と言われても、
今回送った6箱に見合うだけの物は、到底買いきれません


すると、はじめは「うひゃ~っ、高いっ」と思った送料も、
これまでのプロセスを考えると、
あったらいいものは送るべき
ということになります


そして…、
実はまだ実家に置きっぱなしで、
送りきれていないものも結構あったりします


主に書籍類ですが…、
これは次回日本に行ったときに、郵便局から送ろうと思います


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回の国際引っ越しに関しては、
日本通運に大変お世話になりました


ひとまず荷物だけを詰めて、
あとはオーストラリアからのやり取りだったのですが、
日本の担当の方はとても親切で
母親曰く、集荷に着てくれた人も親切だったようで
もしまたたくさんの荷物を送ることがあれば、
迷わず日通を使いたいと思うくらいの満足度は高かったです


これまでも時間があるときには送り方や送料なんかを調べていたものの、
準備をはじめてみると、疑問点がいっぱいになってしまって、
サイトで見ていても良く分からないし、
えーい、電話してしまえ~っと、
郵便局日本通運クロネコヤマトに片っ端から電話を入れました
DHLは、過去に使った人が「最悪だった」と言っていたので外してます。


コストパフォーマンス的には郵便局が一番だったのですが、
私たちが自分たちで購入した箱のサイズは、
「郵便」として海外に送れる大きさを微妙に超えてしまっていたようで、
断念せざるを得ませんでした…


他にも、クロネコヤマトは、ブリスベンまでの引っ越しはやっていなかったり、
日通も、なぜか船便よりも航空便のほうが安かったり、
分からないことだらけで、いろいろと勉強になりました


そして何より、
オーストラリアに荷物を送るのは初めてだったので、
いかに検疫に引っかからないようにするか
を考えて、引っ越し準備をしていた気がします。


オーストラリアはどこの国よりも検疫が厳しいというし、
アメリカに荷物を送るような感覚で送ってしまうと、
間違いなく引っかかってしまうだろうな~と
(アメリカにしか大きな荷物を送ったことがないので…スミマセン


さらに、中身を気をつけるのはもちろんですが、
食べ物の名前が入った箱なども、御法度のようで…


そこまで…
生態系保護の意識の高さには脱帽です


そんな心もとない引っ越し準備でしたが、
それを見かねて(?)か、
海外引っ越しの担当者は、
国内担当と違って、どこの担当者も優秀なのです


商社や大手企業の海外転勤などに日々対応しているからでしょうか


私の無知さや面倒な条件に対しても、
丁寧親切に「それが知りたかったのよ~」というポイントを
しっかり押さえて返してくれるのです


私たちはできる限りコストを抑える意味でも、
できるところまでは自分達で…と思っていたので、
近くのホームセンターで丈夫そうな箱を購入し、
絶対に引っかからないだろう物だけを詰め込んで、
箱ごとに入れたものを全部書き出しておきました。


引っ越し業者的には、
自分たちを通して送った荷物が検疫に引っかかる
オーストラリアの検疫機関に対して自分達の信頼性を欠く

ということになってしまうので、
本当なら、オイラたちに詰めさせてくれ~というのが本心なのでしょう。
私たちのようなお客への対応は相当慎重です


そんな訳でか、
こんな大きな引っ越しをするのは
忙しいビジネスマンが多いからかは分かりませんが、
荷物を詰めるところからパッケージに含まれていることがほとんどなので、
結構な量を送る場合は、全てをお任せするのが賢いのかもなぁと思いました。


まぁ、私たちの場合は、すでに手遅れだったので、
私の手書きの中身リストで対応していただきましたが…。


それでも届いた箱には、
「日通チェック済」的なシールが貼付されていて、
あぁ~、そうでしたかぁ…ご苦労様でした…と労いの気持ちでいっぱいに。。


日通御中、本当にお世話になりましたーー


※ もし小さな荷物や1~3箱程度なら、こんな便利なサイトもあるみたいです



人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

箱の中身は~!?

6箱には上着のほかになにがはいっていたのでしょうか~。 なんか自分のものじゃないのに中身がみょーに気になる・・・

でもおっしゃるとおり、現地調達にしても一から生活道具をそろえるのってほんと時間とお金がかかりますよね。 私はキッチン用品のほとんどを義母から貰い受けましたが、あれがなかったら今頃どうしてたんだろう・・・っておもいます。 義母から手伝ってもらうのはちょっとやだったところもあったんですけど・・・ 大人な感覚(?)でありがたくもらっておいてよかった、なんていまになると自分偉い、とかおもってたりして・・・  小さなものも重なれば大きい金額になりますものね。

でも実際「あったらいいもの」が身の回りにあるというのはとっても贅沢な感覚かと思い、うらやましい☆ うちなんて「あったらいいもの」がほんとありませんよー(苦笑)
くんちゃんさん

くんちゃん

くんちゃ~ん、、コメントを書いていたら、なんだか写真も付けたくなってしまったので……、今日のブログとしてアップすることにします。笑
箱の中身については、後ほどブログをご覧くださいましm(_ _)m ペコリ

ハズ&ワイフさん

こんにちは★
ちょうど私は自分の分(到着後すぐに必要になるもののみ)3箱位SAL便で送った所でしたのでタイムリーな話題!さすがに結構箱はボロボロになって到着するのですね、先輩のアドバイス通り2層の箱にしてよかった!
私はコスト重視で以前教えてもらった輸送費比較サイトで一番割安でした郵便局で発送したのですが、そこでもやはり内容物については結構細かく聞かれました。(Hair Supplyって書いたらこれはシャンプー?とか、Pet Supplyって書いたらこれは何?とか)でも結局問題ないものだったようで無事に発送してもらえました。

私たちもハズ&ワイフさんと同じように現地での初期費用をなるべく低く抑えようと日本から多くを送る予定です。現地に住む以上現地で全部そろえられるようにならなくちゃ、、と思いつつも現状がわからない状態なのでとりあえず送っちゃえ!状態で笑
でも第1荷物隊が無事届いた様でこれで先ずは一安心ですね!!
さちさん

さちさん

2層の箱なら完璧ですね☆
私は、送るときに上下を気にしていたのですが、到着したときには、縦とか横とか上とか下とか関係なく積み上げられていたので、「あ…、まぁ、そんなもんだよね~」となんか逆に可笑しくなってしまいました(笑)さすがオーストラリアですね。

荷物の中身に関しては、何かで「素材までできるだけ具体的に書くのが、検疫をスムーズに通る秘訣」とあったので、洋服も単に「衣類」ではなく、「ウールニット○着、コットンパンツ○着」とか、鞄も「ナイロンバッグ、革製バッグ」とか、結構細かく書き出しておいた気がします。そのおかげでか、申告するものが医薬品くらいだったからか、問題なく予定通り到着しました!ダンナさんが荷物をまとめられる時は、オススメします♪

さちさん、シドニーからのアデレードまでのドライブ、楽しんで&気をつけてくださいね!!

ハズ&ワイフさん

ひゃー、たいへんですね

荷物が来てひと安心ですね。次は私の番だと興味しんしんで読みました。6箱で16万円とはびっくりですね。郵便局で大きな荷物が送れないのも意外でした。現地で買えばいいという話はよく聞きますが、実際自分の好みにあったものは異国ですぐに見つかるわけもなく、やはりあったらいいものは送るべきなんでしょうけど、どんなものがあってよかったのか、「これはもってきてよかった!」「こんなのこっちで買えばよかった」を今度レポートしていただけると助かります。それと検疫をだいぶ気にされてますが、どんなものが要注意ですか。食料品?
Yoshikoさん

Yoshikoさん

日本で詰めている時は結構大きな段ボールに6箱だったんですが、
こっちで荷物を受け取ってみると案外小さかったのがビックリです。
この量で16万円は高いかなぁとも思いますが、
使い慣れたものや、思い入れのあるものはプライスレスですよね。
こういったものが新居に配置されるだけで、ホーム感がぐぐっとあがります。

持ってきて良かったもののレポートは今まとめ中で、
気付いた時にいろいろと追加したりしているので、仕上がったらアップしますね。
Yoshikoさんの移住準備に間に合うようにアップ出来るといいですね。

イニシャルエントリーはいつ頃を予定されていますか?
ハズ&ワイフさん

送るか買うか?

は私も非常に悩みました。結局ほとんど送ったんですけどね、車まで。日本で実家が遠かったので実家に送るのも大変だったんです。以前も書いたかも知れませんが、それでトータルの引越し金額は、車の諸費用も含めて100万円ぐらいだったんです。6箱で16万なんだから当然ですかね?!丸ごと引越しでしたが、パッキングもおまかせだったし(自分ではできなかったし)まあ、楽チンでした。おかげで「何でこんなものまで?」って物がうちには沢山ありますが(笑)。私は郵船を使いました。ここもすごく対応は良かったですよ。車の輸送途中でカーナビが取られたりしましたが、保険で価値以上の金額が返って来ましたし(オーストラリアで使えないのに(^_^;))。

ところでイニシャルエントリーって、Yosikoちゃん、ビザとれたの?! ↑↑↑
EveJohnnyママさん

EveJohnnyママさん

100万で車までも送られたんですね!金額だけを考えると高いですが、こっちで車を買ったら、それだけでも100万以上かかってしまうので、費用対効果はきっと高かったはずです!?実家に送るのも大変だったとるすと、持っていくか捨てるか、究極の選択しかないですもんね…。パッキングのおまかせも、きっと正解だった気がします。郵船も良かったんですね~☆引っ越し屋さんが良いと、すごく気分がいいですよね。

私の知り合いが結婚してアメリカに行くとき、40万分も荷物送ったと聞いて、何をそんなにぃ~っ!と学生時代は驚いていましたが、今となれば彼女の気持ちが良くわかる気がします(笑)

Yoshikoさんの進捗、詳しくは伺ってないのですが、そろそろなはずです☆

ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

22:50  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

ハズのお仕事探し中、その1

2009.05.21 (Thu)

最近ワイフに任せっきりのブログですが、
ハズも生きてます。

夫婦でブリスベンに引っ越して来て、早いものでもう1ヶ月が過ぎようとしています。
家も見つかって、最低限の家具も揃い、家の中にも生活感が漂いはじめていますが、
何をしていても、どことなく落ち着かないのは、仕事が決まってないからでしょうか。

そんな不安要素を払拭すべく、今週から本格的に就職活動を始めています。
就職活動なんてブログにしても楽しくないかもしれないけど、
これも移住をする上で重要なファクターだし、記録として残しておこうと思います。

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
まず最初に取りかかったのはドキュメント作成。
何はなくとも履歴書ですね。

幸いな事に、前職で作った履歴書がまだパソコン内に残っていました。
オーストラリアではどんな履歴書が一般的なのか分からなかったので、
取りあえず、「Resume for Dummies」のテンプレートを参考にして、
前の履歴書をベースに職歴や、資格等、情報をアップデートしました。
そして見た目がダサかったのでレイアウトもついでに変更しました。
※履歴書マスターな方いれば、ご意見を伺いたいのでコメントください。

次にカバーレター書く時のネタになりそうなパラグラフをいくつか作成。
応募する仕事の要件によってパラグラフ入れ替えで対応できるように
アピールポイント毎にいくつかのパターンを作成しました。
Key Responsibilitiesに合わせてブロックを組み替えて使えるので以外と便利。

その他、プロジェクトレポート等々、ポートフォリオ的なものを用意して、
ドキュメント類は一応完了。クオリティは追々ブラッシュアップするとしよう~。

次に、就職関連情報をウェブで調べてみました。
いくつか見てみましたが、オーストラリアでは以下がメジャーなようです。

ジョブサーチ系:
SEEK
MyCareer
CareerOne

政府系だと:
Smart Jobs

欲張って、全部のサイトに履歴書等を登録してみました。
毎朝仕事情報を配信してくれるメールアラートがあるので、
以下の条件で登録しました。

職種:IT&T
形態:Fulltime
契約:Permanent/Contract
場所:Brisbane/QLD
検索:Consultant/Software
語句 Java/.NET
年棒:45K~90K

大体毎日10件から20件ぐらいのジョブが送られてきています。ハズ的にはソフトウェア系の仕事がストライクなんですが、今のブリスベンではこの分野でそれほど求人がないらしく、アラートの内、本当に自分のスキルセットと合致しているのは2、3件が現状。サラリーは最低限生活できるレベルと言われている45Kから、日本の給料レベルぐらいまで設定してみました。ただ、希望の職種で80K以上の仕事はまだ見てないですね。

ウェブ以外では、フリーペーパーの求人欄もみてますが、これまた皆無。
ブリスベンにある日本人向け旅行代理店のナビツアーで先日お会いした
感じの良いお兄さん(名前聞き忘れた)に教えて頂いた日系のエージェント、
スタッフソリューションズにも一応履歴書を登録してみました。

一通り、登録が済んだところで、(実はここまではほぼ先週やった事なのですが、)
今週、送られてきた求人の中からいくつかピックアップしたものと、
ジョブサーチで直接見つけた求人の中から厳選して、
プライベート会社6社とガバメント会社2社に応募してみました。
ジョブアラートは毎日来るので、これからもチェックしつつ、
気に入った求人があれば応募するというサイクルでしばらく様子を見てみます。

実際に応募して、開始5分で「ごめんなさい」メールを頂くという順調な滑り出しですが、
まぁ、今のご時世、こんな事で怯んでいては行けません。
採用/不採用に一喜一憂するのは疲れるので、1日2社以上応募というリズムで、
取りあえず、当面の目標として3ヶ月間に200社応募を達成しようかと思います。
その内に、面接まで漕ぎ着けるものも出て来るだろうし、
何より場慣れして来るのではと期待しています。

で、3ヶ月経って、状況が変わらなければ、コンティンジェンシープランとして、
職種を変えるなり、アルバイトするなりして兎に角職に就く事を優先させます。
それまでは、慌てずに、出会いを信じて、ラブレターを送り続けようと思います。

これまでのレスポンスとしては、ごめんなさいメールの他には、
今日一社からビザステータスの問い合わせがあったので、
胸を張って、「IT技術者の永住権ホルダーです!」と返信したが、その後音沙汰なし。。。
まぁ、メール来たの4時ぐらいだったから、もう明日の仕事に回されたかな?
っていうか、ビザのステータスは履歴書にデカデカと書いてあるのだが、
やっぱり、カバーレターしか見てないのかなぁ。
何となく、カバーレター見て、興味湧いたら履歴書みてる様な気がするなぁ。
ちょっと、カバーレターのパラグラフをバージョンアップさせようかな。

その他は、履歴書等の情報を登録していたスタッフソリューションズから
日本語の履歴書も提出して欲しいと依頼が来たので、作る事にした。
実は、日本語の履歴書は10代のアルバイト以来まともに書いた事がない。
アメリカで就職した時は、当然、英語の履歴書だったし、
日本の会社に転職する時もアメリカで応募したので英語の履歴書のままだった。
で、一番最近転職した時は、今度はアメリカの会社だったのでまたまた英文。

日本のは決まったフォーマットがあったはずだが、覚えてない。。。
履歴書の書き方をウェブで調べないとなぁ。

こんな感じで、ちょっとずつですが、就職活動始めてます。
最近、ワイフの記事ばかりで、ハズは何やってんだ!と心配されている、
両親、親戚、ならびにご友人の方々、一応、ちょっとだけ、頑張ってるので。
お仕事が決まるまで、もう少し暖かく見守ってやってください。


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

ハズさん

お久しぶりです!
ニュースでも見ましたけど、
すごい雨ですね!
就職活動、計画的ですね!
自分の希望通りには、最初からは難しいかもしれませんけど、
(こんなご時勢ですし。。。)
何もしなければ、何も始まらないですから、
陰ながら応援させていただいております!
kaorinさん

kaorinさん

ありがとう~!
雨降りだったのは、就職活動を頑張れというサインだったのかもしれないですね。
あまり計画的ではない気がしてますが…雨にも負けず、風にも負けず、気長に頑張りたいと思います。給料や雇用形態は妥協しても、仕事内容は妥協したくないなと思っています。自分たちがオーストラリアにいる意味は、自分の技術で貢献することだと思っているので。

ブリスベンの雨、ニュースになっていたんですね。まだTVがないので、そんな報道がされていたとは知りませんでした。
ハズ&ワイフさん

SEEK、私も利用しております!(しておりました、かな?) そうですよね、移住から1ヶ月。 いよいよ本格的な仕事探しの始まりですね! 

職種や今までの経歴などによって異なってくるとは思いますが、オーストラリアはまず第一に「オーストラリアで働いたことがあるか」っていうのが重要ポイントみたいです。  でも一度働くとあとは早いみたいです!

ほんとこれも縁ものですし、ちゃんとお二人の未来につながっていく仕事がが待っていると思います! がんばれ~!
くんちゃんさん

くんちゃん

やはり、SEEKですね。求人数も他のサイトに比べて多いような気がします。移住して1ヶ月、本当は仕事が決まって始めて移住と言っていいと思ってます。それまではタダのバケーション。長過ぎるバケーションは退屈ですよね。早く本当の移住を果たしたいです。

オーストラリアでの経験はもちろんありません。前職での(オーストラリアを含む)グローバルプロジェクト経験がどれだけ評価されるかですね。所属していたチームもメルボルンを拠点とするアジアパシフィックだったので、上司や同僚はオーストラリアのメンバーがほとんどでした。オーストラリアの経験を聞かれた時に、その辺をうまくアピール出来れば良いなぁと思っています。まぁ、まずは面接に呼ばれる事が先ですけどね。。。
ハズ&ワイフさん

老婆心ながら、、

カバーレターはできれば誰かネイティブにチェックしてもらった方がいいと思います。私も自分なりに、かなり璧だ!と思っていたレターをJob Networkの先生にチェックしてもらったら、殆どすべてのセンテンスが赤ペン修正されてしまいました。。
あとプログラマ職であれば、前もってコードに慣れておくこと(思い出すこと?)と見せるためのコードを用意しておくことをお勧めします。「コードを送ってほしい」と言われたり、コードを見せられて、「これはどういう意味か?」という質問を面接でされることが多いからです。これでポイントが上がれば、オーストラリアでの経験などは払拭できるんじゃないかと思います、技術は世界共通なので。。がんばってください!!
EveJohnnyママさん

EveJohnnyママ

老婆心はいつでもウェルカムです!

カバーレターのネイティブのチェックですか~。まだ、こっちに知り合いが居ないので、メルボルンに居る前職の同僚にお願いしようかなぁ。以前、別の同僚に見せた時は「問題なし。」の一言で終わって、何のフィードバックも得られなかったから、HRエージェントとかプロに見てもらうって言うのも手ですよね。その前に、カバーレターもう一度練り直さないとな。
よし休日返上だ!!(毎日が休日だけど。。。)

あとサンプルコードはかなり悩んでます。過去のプロジェクトのは当然使えないし、これから書くにしてもコード自体OOデザインだとどうしてもクラスが多くなるから、紙で印刷してパッと見せられる量じゃない。クラスひとつだけ見せるにしても、それだけじゃ全く機能しないから、じゃあ、何見せるの?って感じですよね。かといって昔のプログラムみたいに何でもかんでも機能詰め込んじゃえ的なサンプルだと逆にデザインセンスないし。。。みんなどんなコードをサンプルとして提供してるんだろう。
ハズ&ワイフさん

いよいよ職探しですね。私もSeek, CareerOne, JobServeのアラートを利用しています。CareerOneのコラムで見たのですが、オーストラリアでは学卒でも2ページ、経験者だと3-5ページのレジュメが普通と書いてありました(本当なんでしょうか?)。最近のアメリカ発の就職本には、忙しい採用担当者はレジュメはスキャンするだけ、1ページにまとめるべき!と書いてあったので苦労して2ページを1ページに短縮したばかりだったのに・・・。あと今の買い手市場だと、現地にいない人は会社が相手にしてくれないらしいです。エージェントもこっちに来たら連絡してねというばかり。やっぱり早くそちらに行っちゃったほうがいいのかなあと最近考え始めています。あとブリスベンのエージェントによると、ブリスベンでは100K以上の仕事はあまりないのだとか。悩み多き日々ですが、お互いがんばりましょう。
Yoshikoさん

Yoshikoさん

「いよいよ」というか「いやいや」というか、職探し始めてます。レジュメは現バージョンで最大5ページありますね。応募する求人のレベルに合わせてワークエクスペリエンスのプロジェクトをすり替えたりして大体4ページぐらいで提出しています。確かに、HR担当者は時間ないだろうから、1ページに纏めるのは良いと思います。その後のページは付加的な情報を書いておくと、1ページ目で興味を持ってくれた担当者により詳細な情報を提供できるのでは?さっそく、パクらせていただきます。ちなみに、Yoshikoさんが連絡取られているブリスベンのエージェント、良かったら教えてください。

こっちに来て思ったのですが、やはり日本からの就職活動はコネクションでもない限り難しと思います。遠くに居る使えそうな人材よりも、明日から働ける使える人材の方が普通に考えても有利だし、目の前に何十人も応募者が居る中で海外に電話かけて面接する必要はないと思う。だから、Yoshikoさんも可能であればできるだけ早くこちらに来て活動された方が良いと思います。こちらで知り合った方の中には、永住権がとれることが確実に分かっているので、別のビザで入国して就職活動をしながら待っている人もいるようです。

ブリスベンで100K以上はエグゼクティブポジション以外見ないですね。ただ、1ヶ月住んでみて結構お安く生活できることが分かったので、私たちは給料はそれほど気にせずに、やりたい仕事重視で探すことにしました。何はなくともオーストラリアでの職務経験が重要みたいですので、まずはキャリアパスだけ間違えないで働き始められれば良いかなと思っています。
ハズ&ワイフさん

管理人のみ閲覧できます

-さん

管理人のみ閲覧できます

-さん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

11:33  |  就職活動  |  Trackback(0)  |  Comment(11)

ワイフ、ついに退職

2009.04.26 (Sun)

4/17(金)を最後に、5年半勤めた会社をついに退職しました

正確には、5月末まで正社員というステータスがあります。
でも、もう出社しないので、事実上の退職です

結構余裕のある退社スケジュールだったつもりが、
最後の最後まであれこれ仕事を頼まれ、
あまり感傷にに浸る暇もなく、すごい勢いで退社した気がします

>>続きを読む

(ここを押すとこの画面のままボワンと記事が表示されます。)
この人たちは、私が辞めることを理解しているのだろうか
最後の最後まで私のブレーンを搾り取る気か、血も涙もない。。
(そもそもそんなものがあったのかが不明ですが‥
と何度思ったことか(笑)。

まぁ、退職して迷惑を掛ける分最後までしっかりやろう、と思っていたのと、
なにより、辞めるとはいえ最後まで社員なんですから、そんなもんですね。

社内のお世話になった社内の人たちに対しては、
これから会えなくなってしまうことを思い、
しっかり退職の挨拶に行きました

ワイフ 「○○さん、いろいろとおせわになりました。
     本当にありがとうございます

職場の人「これからどうするの?」

ワイフ 「オーストラリアに行きます。」

職場の人「え?旦那さんのお仕事で?」

ワイフ 「いや、そういうわけではないのですが、
     オーストラリアで暮らす事にしました。」

職場の人「仕事決まって無いのに行くの?」

ワイフ 「はい。向こうで出来る事を探します。」

と、ここまでは9割型同じパターンです。
そして、その後のコメントで、
その人その人の考え方が、面白い程よ~く良く分かります。

無難で一番多かったパターン(80%):
→自分には考えられないけれど、勇気ある決断をした、と感じる人。

職場の人「思い切ったねー(or チャレンジャーだねぇ)。
     まぁ英語もできるし、まだ若いし、向こうでも頑張って。」

前向きな or 何も考えていないパターン(15%):
→できれば、自分もそんな人生を歩みたい、と共感してくれる人。
もしくは、海外に住む知り合いが出来た事を単純に喜ぶ人。

職場の人「かっこいい~!2人で同じ考えをもって、
     ここまでアクションを起こせることがすごい!」
    「すごいね。移民が人生の選択肢になるなんて!」
    「いいね~。生きてるって感じだね。」
    「遊びに行かせて!」

残念なパターン(5%):
→言いたいことは分かるけど、そんな言い方しなくても‥とちょっと凹まされる人。

吐き捨てるように「海外が好きなんだね。」「日本を捨てるんだ。」

ひゃぁ~‥

何はともあれ、無事退社です。

あっという間の5年半でしたが、
振り返れば内容の濃い充実したPRマン生活だった気がします。
今の上司から、お客さんから、いろんなことを学びました
社内に親しい友達もできました
みんなに感謝感謝です

さて、あとはオーストラリアに行って頑張るのみです

エイエイオー


人気ブログランキングへこの記事が気に入ったら、ここを押して頂けると嬉しいです☆

コメント

お疲れさまでした

感傷にひたる暇もなかったのは、
きっと逆によかったですよ!
こっちに来てからゆっくりできるし!
そう、私も同じ状況だったので、
言われることは同じでしたよ。
「オーストラリアで何するの?」って。
私「そういう問題ではないんだけどな~」って思ってました。
前にもこれ、話してましたよね!
kaorinさん

ハズさん、ワイフさん、
お疲れ様でした。 
勤めた会社を辞める時って新しい目標に向かっている時なんですけど、
愛着があると寂しい気持ちになりますよね。。。でもこれから永住が本格的に動き出すって事ですもんね。おめでとう御座います。そしてお疲れ様でした。
これからも頑張ってください!!
サチさん

お疲れさまでした!

私も数カ月後には同じことをするんだなあと思いながら興味深く読みました。会社の人は本音はどうあれ無難なことを言う人がほとんどなのでしょうが、それでもこういう話をすると、そのリアクションにその人の人生観、知見、知性、国際性といったものがにじみ出るのでしょうね。
私も過去に数回会社をやめましたが、いつも怒涛のような最後で、数週間で1年分の仕事をしたぐらいの感じで、なにも考えているひまなんかなかったことを思い出しました。その期間はきっと余裕がなくて、自分のことはなかなかできそうにないということも考えておいたほうがそさそうですね。日本社会とのつながりを一つ切ったということで、いよいよ気持はオーストラリアですね!もう突き進むしかないですv-42 がんばってください!
Yoshikoさん

kaorinさん

そうですよね~。
ひとまず、ちょっとのんびりしたいと思います。
退職の挨拶回りは、ホントいろいろ勉強になりましたよ。笑

これからも、よろしくお願いしますv-22

ハズ&ワイフさん

サチさん

ありがとうございます!
永住権を取るまで、移住するまで、いろんなことがありましたが、
ついにオージーライフの始まりです。
ブリスベンの広~い空の下から、
日々の暮らしを綴っていきますので、
また遊びに来てくださいね♪

サチさんの移住計画も順調に進んでるみたいですね。
新しい場所での新しい生活、お互い頑張りましょう!
旦那さんも大切にしてあげてくださいね。

ハズ&ワイフさん

Yoshikoさん

ありがとうございます!
挨拶回りで、ここまでいろんな人の価値観が見えるとは思ってなかったので、
ある意味勉強になったのと、実は結構面白かったです。
私はこの会社が初めての会社だったので、
みんな辞める時はどんな感じなんだろう?
と疑問に思ってましたが、最後は本当にそんな暇が無かったです。笑

Yoshikoさんのオージーライフももうすぐそこですね!楽しみですね~♪
残り少ない日本での生活を楽しみつつ、
怒濤のような最後で体調を崩されないようご自愛ください!!
&時間があれば、ぜひブリスベンにも遊びにいらしてくださいね。


ハズ&ワイフさん

この記事にコメントする

<<続きを隠す

(ここを押すとこの画面のままビヨーンと記事が隠れます。)

ブリスベン良いとこ一度はおいで。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ 人気ブログランキングへ


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

19:26  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

大きなイベント3連発!着々と進んでいますっ。

2009.04.05 (Sun)

気がつけば随分と長い間、ブログの更新が出来ていませんでした…

この何週間かの間にもいろ~んなことがあって、
メルボルンを訪れたのが相当昔のことのように感じられます。
1ヶ月しか経っていないんですけどね…

大きなイベントその1: 引っ越し

約2年住んだ都内の閑静な住宅街(?)から、
実家のある埼玉に、先週末移りました
今は、ダーリンと2人で実家の一室を占領しながら、
かなりの数の段ボールに囲まれて暮らしています。

今回の引っ越しでは、荷物を運び出す事を優先していたので、
完全に不要と判断された物以外は、ほぼ持ってきています。
あまりの段ボールの多さにビックリしつつ、
久々にゆっくりできるこの週末を機に、
さっさとこの荷物の整理をして、
持って行くものだけに絞りたいと思います

頑張るぞー!

でないと、旅立つにも旅立てませんからね。。


大きなイベントその2: ダーリンの退職

メルボルンのオフィスに異動するしないという話が
長い間繰り広げられ、その進捗に毎度一喜一憂していましたが、
ついに最終決断をくだしました。

3月末で退職です。

今回の異動の件に関しては、
ダーリンの上司が、本当にいろいろとお世話をしてくれました。
そして、ここまで来ても、あまりに現地での空ポジションが見つからず、
部署総出ていろんなコネクションにあたってくれたのですが、
オーストラリアの雇用事情は、想像以上に厳しいみたいです

なので、もうちょっと東京に残って様子を見ながら、
適切なポジションが空いたら異動してはどうか?と、
キャリアに空白をつくらなくてすむ選択肢をくれたようです。
考え方によっては、ありがたいオファーですよね

ただ…、空ポジションがいつ見つかるかは不明確なうえ、
この世界的な不況が、1年やそこらで回復し、
雇用状況が良くなるとも思えません。

すると、また仕事漬けの毎日に戻ってしまうわけです
しかも今度は私の実家で…。

う~ん…それはどうなんだろう…??
2人で何度も家族会議を開きました。

そして、
私たちはキャリアを求めてオーストラリアへ移住するわけではないので、
仕事がある、という安心感以外のメリットは
ないという結論に達し、
しばらくの間無職を覚悟の上で、退職する事にしました。

今までいろんな心配事で頭がいっぱいでしたが、
この結論がでたら、「もう前に進むしかない」という気持になり、
逆になんだかすっきりしてきました。笑

お金の問題はあるにしろ、
次の渡豪は期間限定ではないので、
メルボルン滞在の時のようには、焦る必要もないかと思っています。

気長に頑張るぞ~!


大きなイベントその3: ワイフの今後

大体のこくらいで会社を辞めて、
渡豪後は、できれば今の会社の仕事を手伝って小遣い稼ぎを…
という、漠然としたプランが現実的になってきました。

私は幸い有給がたくさん残っているので、
4月後半~5月いっぱい現地で有給を取って、そのまま退社、
ということにしました。

お小遣い稼ぎも、今所属するチームの翻訳作業を請け負うことになりました
基本的な内容をベースに、プロジェクト案件がプラスされていく感じです。
あぁ、ありがたやありがたや

渡豪してインターネット環境が整ったら、ちょっとしたお仕事開始です!

ただ、お給料は日本でもらうことになるので、
税金のことが気になります
この辺のことにはとても疎いので、
ちゃんと調べなくてはいけないなーと、変なプレッシャーを感じてもいます

おぉ~、いろいろとドキドキだぁ


という感じで、移住に向けていろんなことが本格的に動き始めてきています。
よく周囲に「大きな決断をしたね」と言われますが、
この決断事項の数を考えると、
確かに、普段の生活では発生しない多くの決断をしているのかもな~と感じました。

ただ、迷いながらもその決断をすることで、
自分たちの生活におけるプライオリティや考え方が明確になり、
結果として良い方に進んでいると思います。

そして、もう前に進む以外の選択肢もありません

移住してからちゃんと落ち着いた生活を送れるように、
これからも2人で頑張って行きたいと思います

テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

11:23  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

メルボルンリポート~部屋探し編

2009.03.15 (Sun)

現地からタイムリーにお届けするはずだった
メルボルンリポートですが‥、
初めての街での不動産・物件行脚に毎晩疲れ果て、
ブログを更新する余裕がありませんでした。。

ひとまず、
今回の部屋探しを振り返って感想を先に述べてしまうと、

いや~、正直しんどいです

前途多難です

メルボルンに到着した翌日から、
1日平均3件程度のインスペクションに足を運び続け、
申し込む気も失せるほどひどい物件から、
夢の広がる素敵な物件まで、ホントに多くの物件を見て回りました

今回メルボルンに行く前に
現地に移り住んでからの仕事先をシティと想定して
希望していたエリアがありましたが、
交通機関Zone1内であれば通勤は可能とだろう、ということになり、
エリアを広げて、北はMoonee Ponds近辺から、
南はElstanwick近辺まで、
Domainやrealestate.comに掲載されている物件を見尽くし、
可能な範囲でインスペクションに行きました。

オープンインスペクションや、現地の不動産でカギを借りて、
個人的にインスペクションをしに行くにも、
移動手段は、徒歩と公共の交通機関だけなので、
何かと時間がかかってしまって、
やっぱり1日3件くらいが限界だった気がします。

特に、初めの何日かは、トラムの乗り方やルートが分からず、
反対の方向に向かってしまったり、
私たちの持参したメルボルンマップの縮尺にだまされ、
延々と歩き続けて、インスペクションに間に合わなかったことも。。

ちょっと慣れて来た土曜日の午前中には、
どのエージェントも張り切ってオープンインスペクションをしていたので、
ひとつのエリアに絞って、朝9時半~昼1時半までに8件を回る、という
強行スケジュールを遂行したりもしましたが

そんな物件行脚もむなしく、
やはり過去にお部屋を借りていた実績がないうえに、
現住所がホテルだったり、仕事は日本だったりする私たちに
日の目が当たることはなくて、
アプリケーションを出したところも、ほぼ全滅でした。。

私たち夫婦のインスペクションデビュー戦となる、
日本人の方が住むStudioのTakeOverのお話も、
私たち夫婦の切なる事情をお伝えしたつもりでしたが、
お返事はないままで。。
(別のルートで、シングルの日本人女性の方に決まったと聞きました。
カップルよりも1人の方のほうが、現地での部屋探しや暮らしが大変だろう、
というのが理由だったようです)

あまりの手応えのなさに、
終いにはどのエリアに住みたいかすら分からなくなってしまいました。。

どこか知り合いのお家にちょっとお世話になって‥なんてことができると
またちょっと変わってくるのかもしれませんが、
私たちは、オーストラリア国内に知り合いがいないため、
部屋が見つからない限りは、
1日、また1日と、貯金からホテル代を捻出していくしかありません
ホテルにはキッチンもないので、食費もバカになりませんしね。。

そんな訳で、この滞在中にどうしてもお部屋を決めたかったのですが、
現実は想像以上に厳しかったです。。
まぁ、正直なところ、2週間という期間は、
お部屋を探すには十分ではなかったのだろう‥とも思いますが、
今回の成果は、出費には見合っていない気がして、
切ない限りです

あぁ、神様‥、私たちにお部屋をお与えください‥

部屋がなければ、仕事がみつけずらく、
仕事がなければ、部屋がみつけずらい。

そんな負のスパイラルに直面し、
ダーリンとも日に日にしょんぼり度が増していきながらも、
2人で励まし合い、現地で知り合った方々に励まされ‥

そして、最終日もちょっと見て回りましたが、
結局タイムリミットを迎えてしまいました

私たちは、本当に部屋をみつけられるのだろうか?
まもなく会社を辞め、無職になって、
でも相変わらず、部屋はみつからず、
貯金をホテル代と食費に使い果たし、
一文無しになって、強制送還になってしまうこともあるのでは?

なんてことを考えると、正直怖いです。

世界的経済危機だといわれるこのご時勢に、
安定した職を捨て、家も身寄りも仕事もない場所へ移り住む事が、
本当に私たちの求める「幸せ」なのだろうか?なんて
不安な気持ちでいっぱいになってしまいます。

でもでも‥、

Yes!!

そこには、日本では得られない「ハッピー」があるはずなんです。
私たち夫婦の望む「芝生でゴロン」ライフがあるのです

今はそう信じて、前に進むしかありませんエイエイオー

今回の滞在中にお世話になった現地の皆様、
本当に本当にありがとうございました
心の底から感謝しています
そして、今後とも、私たち夫婦をよろしくお願いします


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

20:22  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(20)

まもなく、ゴールドコースト経由、メルボルン行き

2009.02.17 (Tue)

先日、飛行機チケットの準備が完了!
続いて滞在先を探していたのですが…、
予約を入れたHoliday Accommodationからは
待てど暮らせどConfirmationが来ず、
連絡しても繋がらないので、
ワイフと相談して結局別の方法を考えることにしました。

今回の旅では、メルボルンの雰囲気を感じる事と、
移住後の諸手続きがメインイベントなのですが、
密かに、アパート探しもしたいと思っています。

今回の部屋探しで調査してみようと思っているエリアは、
・St.Kilda/Albert Park
・Brighton/Elwood
・Hawthorn/Kew
・Parkville/Brunswick
・Prahran/South Yarra
・Richmond

そうはいっても、初めての街で、銀行開けたり、免許取ったりと
諸々の手続きで2、3日潰れてしまいそうな気がして、
実際にアパートを見に回れるのは10日間のうち半分ぐらいでしょうか。

今Domain.comで事前にインスペクションできるアパートを探していますが、
まだ、ちょっと早いらしく、来週インスペクション可能なアパートが中心です。

そこで、メルボルンに着いて最初の数日はメルボルンの雰囲気を楽しみながら、
諸々の手続きを進めつつ、インスペクション可能なアパートを探し、
そして、ある程度目処がついたら、
エリア毎に観光も兼ねて気に入ったアパートにアタックする予定です。

本当は同じ宿にガッツリ11連泊の予定だった滞在先を
調査エリアに合わせて以下のように分けることにしました。

(1)ヤラリバーより南のエリア
2月28日(土)~3月7日(土)
Cosmopolitan Boutique Hotel Melbourne
諸手続き+メルボルン観光+お友達に会う+インスペクション

(2)ヤラリバーより北のエリア
3月7日(土)~3月11日(水)
Pensione Hotel Melbourne
メルボルン観光+お友達に会う+インスペクション

(3)空港エリア
3月11日(水)~3月12日(木)
Ciloms Airport Lodge Melbourne
お友達に会う+ホテルでゆっくり

あれ…?
よく見ると、エリア以外変化ないですね。あはは。

取りあえずは、飛行機のチケットも宿もなんとか確保できました。
あとは行ってみて、出たとこ勝負ということで、
事前にできる事はできるだけ片付けていきたいです。

出発まで残り10日!!


テーマ : オーストラリア - ジャンル : 海外情報

00:40  |  移住準備  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
 | HOME |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。